DB Error: connect failedDB Error: connect failed 新宿鮫 - 大沢 在昌 のレビュー全15件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 新宿鮫 (光文社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新宿鮫 (光文社文庫)
新宿鮫 (光文社文庫)で自分のブログにレビューを書く

新宿鮫

おすすめ!3.7 [3.7](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:322959位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334724434(光文社)
新宿鮫 (光文社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.7 [3.7]

先日『売れる作家の全技術』を読んだので、もう一度この小説を知りたくなった。以前はただ物語の小説としてページを捲ったが、今回は技術という観点から客観的に読んでみた。すると、たしかに著者が説明しているこ… このレビューの続きを見る

3.7

新宿鮫

15:58:By BOOK chan

主人公の恋人のキャラが、寒過ぎるし(-_-;)、 発想や構成なんかも、なんか古臭い感じだけど、 まあ、20年近くも前の作品だから、いた仕方ないかな? むしろ、20年近くも前には、こういう作品って、斬新だったかも。 とても面白い小説だった。 しばらく、シリーズを読んでみよう。

3.7

「新宿鮫」:大沢在昌

11:56:By

JUGEMテーマ:本の紹介 「ほぼ日」で連載を始められたので、興味を持って借りてみました。 私にはちょっと興味も持ちにくい話題が満載で、無理でした。 スミマセン・・・。 一応、覚書として・・・。 にほんブログ村

新宿鮫

23:08:By 掌にダイヤモンド

ハード!ボイルド!!   いまさらながら、初めて読みました新宿鮫。   登場するアイテムや服装の描写に時代を感じたけれど、結構面白かった。 ハードボイルドっていう予備知識だけをかろうじて持っていたので、 … このレビューの続きを見る

『新宿鮫』

13:33:By Proc Blog

JUGEMテーマ:読書今年12冊目。

新宿鮫

10:34:By 受賞本

 新宿鮫  著者 : 大沢在昌  受賞歴 : 第44回日本推理作家協会賞 受賞         第12回吉川英治文学新人賞 受賞         1991年このミステリーがすごい! 1位         1990年傑作ミステリーベスト10 3位         ベスト・オブ・ベスト 5位

私、『新宿鮫』は『風化水脈』を一番に読んで、そのあと次々新刊が出るんで後回しになってて・・・というか、大沢作品を読むきっかけは『風化水脈』だったからね。 で、それまでの新宿鮫シリーズを文庫本で揃えた… このレビューの続きを見る

おもしろかった。 本当におもしろかった。 読んだあとしゃがみこんで 余韻を噛みしめるほど良かった。 早く2が読みたい。 明日会社がやすみなら、今から本屋に買いに行くのに。

ここんところ本読みのことばっかりだな。 映画も立て続けに観たりしてるんだけど。 ベストセラー読破の道。 これはいまはもう大御所・大沢在昌の出世シリーズ第一作。 キャリア組だったがある事件をきっ… このレビューの続きを見る

今更詳しい説明は不要だろう、現代ミステリー界の大御所大沢の人気を決定的にした新宿鮫の第一作。キャリアのはみだし刑事、警察の縦社会に嫌気がさしたアウトサイダー、なんて設定は今では食傷気味だし、特にこ… このレビューの続きを見る

ハードボイルドの名作。 なんとなく荒くて、男らしい文体から素敵。 キャラクターも格好良いし……。 鮫島も良かったけど、個人的には桃井さんが好き。 木津とのシーンでガチ惚れ。 晶と鮫島がラブラブすぎて、ちょっと読んでて 恥ずかしくなったw 正直、出だしのシーンがあれだったんで 晶が男だとばかりry つくづく腐ってるなぁ……自分。

ただ独りで音もなく犯罪者に食いつく―。「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。待… このレビューの続きを見る

3.7

新宿鮫

23:55:By 我は人である

40冊目の読書日記は、キャリアで普通に仕事をしていれば、かなりの地位につけたはずなのに、上層部と対立し、仕事のきつい新宿の防犯課として働く新宿鮫こと新宿署刑事鮫島。新宿鮫は単独行動をして、犯人を追い詰… このレビューの続きを見る

3.7

新宿鮫

21:44:By Cool Air Style BLOG

まさにハードボイルド。 ストーリー展開、内容、ドキドキ感、 すべてにおいて問題なし。

 第44回日本推理作家協会賞長篇、第12回吉川英治文学新人賞。  私が一番好きなシリーズ物。 ..........................................  鮫島はキャリア組だったが、そのキャリア制度、日本の警察機構… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品