>
[Amazon] 明日の記憶

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

明日の記憶
明日の記憶で自分のブログにレビューを書く

明日の記憶

おすすめ!3.3 [3.3](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:193128位
  • Amazon価格:¥ 1,500
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334924468(光文社)
明日の記憶のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.3 [3.3]

昔から、私にとって恐怖な事が2つある。1つは死、もう1つは記憶の消失だ。 『アルジャーノンに花束を』は名作だと思うが、そのラストは私の恐怖そのものだ。"知能より大切なものがあると教えてくれる"等という… このレビューの続きを見る

3.3

明日の記憶

23:26:By ささの本箱

JUGEMテーマ:読書 靴を履いてから、火の元が気になってしまったり、 家を出てから、鍵を閉めたかどうか、ずっと考えてしまったり、 そんなことってよくある話。 でも、実は、それが単なる心配症では… このレビューの続きを見る

これも映画になりましたね これまた色々考えさせられます。(1/30読・16冊目)

以前から興味があって読みたいと思っていたのですが、 映画になったと聞き、急いで読みました。 だいたい、映画になったり舞台になるものは、 その前に原作は読んでおきたい私なのです。 読まずに・・という方… このレビューの続きを見る

明日の記憶

14:59:By kira* kira*

★★★★☆

明日の記憶

20:39:By 愛 ある あした

若年性アルツハイマーになった男性が主人公。 一人称で語られているので、少しずつ症状が進行していく様子がリアルに伝わってきました。 慣れた道がわからなくなったり、人の名前を忘れてしまったり……。 怖かっ… このレビューの続きを見る

またもや、本の紹介です。 若年性アルツハイマーをテーマにした小説を読んだ。渡辺謙さん主演で映画化もされたのでご存知の方も多いと思う。 「最近ちょっと物忘れがひどい」といった初期の段階からどんどんアル… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 知っているはずの言葉がとっさに出てこない。物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。どんなにメモでポケットを膨らませても確実に失われていく記憶。そし… このレビューの続きを見る

3.3

明日の記憶

01:27:By 妄想日記

最近、下手なホラーよりもこういう話のほうがよほど怖いと感じるようになって来ました。 自分のことも最愛の人のことも全て分からなくなってしまう若年性認知症。 恐らく当事者は怖いなんて一言で済んでしま… このレビューの続きを見る

 評価は定価通り。  約300ページを読んでいる間に、もしも自分がアルツハイマーになったらと、3度くらい読者に考えさせるリアリティはある。  全編只管悲しく、救いは無いので、一般向けのエンターテイメント小説としてはあまり受けないだろう。一般向けのエンターテイメント小説モードで読んでいたので、受けなかった。

泣けた、泣けた。 荻原さんの他の作品でもいいお話は多いですが、 いつも「いいなぁ」と思うだけで、泣いた事はありませんでした。 今回は何でかな、渡辺謙とか樋口可南子のイメージが当てはまり過ぎて、 あま… このレビューの続きを見る

知っているはずの言葉がとっさに出てこない。物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。どんなにメモでポケットを膨らませても確実に失われていく記憶。そして悲しくもほのかな光が見える… このレビューの続きを見る

明日の記憶

17:07:By momoの本箱

病気を扱った本はほとんど手に取らない。読んでいるととてもつらくなるから・・。 でも、この本は読んでみた。 以前渡辺謙さんのドキュメントを放送していて、この作品との出会ってから映画にするまでの思いを… このレビューの続きを見る

涙なくしては読めない本でした。 ちょっと自分の精神状態もアップダウン(寧ろダウンダウン?!)してた時に読んだので、イマイチ世界にのめり込めないまま読み終えてしまいましたが・・・。 若年性アルツハイマ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品