DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 美女と竹林 - 森見 登美彦 のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 美女と竹林

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

美女と竹林
美女と竹林で自分のブログにレビューを書く

美女と竹林

おすすめ!3.3 [3.3](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:655394位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:433492624X(光文社)
美女と竹林のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.3 [3.3]

事件は机上で起こればいい 何冊か読んだところで人となりが気になったので、エッセイを読んでみる。おお、このタイトルも聞いたことがあるぞ……森見さんはこっそりとわたしの外堀を埋めていたので… このレビューの続きを見る

【森見登美彦 光文社】 妄想過多な随筆集。 三浦しをん系というより、乙一の『小生物語』系です。 随筆集なのだけれど、登美彦氏は〜という三人称系で語られます。 小説読んでても思ったけれど、よほどにシ… このレビューの続きを見る

竹林と美女

08:56:By nhosan's works

森見登美彦氏のエッセイだか小説だかよく分からなくなっていく(苦笑)作品疑問符が頭にあふれつつも読み進めるうちに「私も竹林伐採に行きたい、竹刈りたい」とけっこう早めから森見ワールドの住人に(^^;「登… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 作品のジャンルはエッセイらしいのだが、どこからどこまでが事実で、どこからどこまでが虚構なのか分からない。 内容は登美彦氏本人が来るべき竹林ブームのために竹林経営に乗り出す様子を第… このレビューの続きを見る

 出版社 / 著者からの内容紹介 諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ! 美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。 竹林の拝借に成功した作家は、将来の多角的経営を夢見る。 しかし。美女はどこだ? … このレビューの続きを見る

 森見登美彦さんの「美女と竹林」です。 京都が舞台のお話し。いや、正確には、阪急桂駅近くの竹林でのお話です。 なぜか竹林経営に興味を持ってしまった登美彦氏と、竹林整備に駆り出された仲間たちの、苦… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/2/26〜2009/3/1 [光文社HPより] 諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ! 美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。 竹林の拝借に成功した作家は、将来の多角的経営を夢見る。 しかし。美女はどこだ? 虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ、人気文士の随筆集。

3.3

美女と竹林

22:06:By 読書LOG

 

こういうの好き。エッセイの皮をかぶった小説。 竹を刈った話の真偽は不明だが、嘘か本当かなんてどちらでも良い。 だって真実味のあるホラを吹くのが、作家の仕事なんだもの。 「嘘か嘘ではないか、そんなことは… このレビューの続きを見る

子供の頃は、周りに田んぼや竹林、雑木林がたくさんある緑あふれる所に住んでいました。(まぁ、要は田舎ってことです。笑)近所に年の近い子が多かったので、外でよく遊んでいて秘密基地を作ったりしてよく遊んで… このレビューの続きを見る

3.3

美女と竹林

20:49:By The Samantha Times

あらすじ 諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ! 美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。 竹林の拝借に成功した作家は、将来の多角的経営を夢見る。 しかし。美女はどこだ? 虚実いりまぜて、タ… このレビューの続きを見る

 登美彦氏、竹林経営に乗り出す。作家として行き詰ることを見越した登美彦氏は、先輩である鍵屋さんの荒れ果てた竹林に目をつけた。竹の伐採に奮闘し、締切次朗と死闘を繰り広げ、やがてはカリスマ竹林経営者に。… このレビューの続きを見る

人は人生で何回 「竹林」と口にするのでしょうか・・・ そんな疑問が頭から離れない それがこの本「美女と竹林」 森見さんの妄想エッセイ はじめに言っておくと 美女は出てきません いや、ほとんど出てきませ… このレビューの続きを見る

光文社/2008年8月25日初版・2008年9月20日三刷/1600円 諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ! 美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。 竹林の拝借に成功した作家は、将来の多角的経営を夢見る。… このレビューの続きを見る

エッセイ。 ……のはずが……何コレ(笑) 良くも悪くも森見さんでした。 わたしは好きだけど!面白かった♪ 机上の竹林なんて、本当にあったら絶対買う。 わたし個人の傾向として、好きな作家≠好きなエッセイではない… このレビューの続きを見る

3.3

美女と竹林

22:22:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 諸君。どうやら未来は薔薇色らしいぞ! 美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。 竹林の拝借に成功した作家は、将来の多角的経営を夢見る。 しかし。美女はどこだ? 虚実いり… このレビューの続きを見る

 妄想作家、森美氏によるエッセイである。 しかしながら、どこまでが事実でどこからが、妄想なのか分からない  明らかに妄想のシーンもあるが 「竹林の夜明け」を告げたはいいが、竹林の手入れの小説を書こう… このレビューの続きを見る

3.3

美女と竹林

19:11:By ほんのひとこと

竹林が好きで大学院でも竹の研究をした登美彦氏は MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)の建設を夢見て まずは知人の竹林の手入れを始めることにした。 しかし思っていた以上に竹は手強く、 また仕事に追わ… このレビューの続きを見る

森見登美彦さんの初めてのエッセイ集(のようなもの)。 買った本屋さんのほか、大きめの本屋では、ホントの竹に森見さん直筆のメッセージの入った竹ポップが設置されてました(自分の購入した本屋では「竹林は遠きに… このレビューの続きを見る

美女と竹林

17:56:By ぶくわむ

途中から、読むと眠くなるようになってしまったので(…)間にうぶめをはさんでやっと読了しました。 竹林伐採を経てMBC(モリミ・バンブー・カンパニー)の設立を目論む(?)森見登美彦氏の虚実入り混じった随筆です。… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品