好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

無名
無名で自分のブログにレビューを書く

無名

おすすめ!4 [4](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:628091位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344003853(幻冬舎)
無名のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 4 [4]

作者の父の最期を描く自伝(的作品?)が本作。 夏の終わり、母から突然告げられた父の入院。しまった、父からもっと昔の話を聞いておけばよかったと後悔する『私』は、入院した父の看病を母、2人の姉とローテーショ… このレビューの続きを見る

4

無名

12:02:By ほんのひとこと

いつか話を聞きたいと思っていた父が入院した。 以前もガンで入院いて快復していたが今回は危ないと感じる。 だんだん意識がはっきりしなくなる父を前に 沢木は父が書きためていた俳句をまとめることにした。 … このレビューの続きを見る

4

無名

23:44:By にこにっき

家族を看取るということ。 近づく「死」を共に見つめなくてはならないということ。 家族の「死」を考えながら、奇跡を祈りながら、 自分の「生」「日常」を生きていかなくてはならないということ。 愛しき名も無き人間の、生を、死を 静かに、静かに受け止めたい。

一日一合の酒と一冊の本があれば、それが最高の贅沢。そんな父が、夏の終わりに脳の出血により入院した。混濁してゆく意識、肺炎の併発、その後在宅看護に切り替えたのはもう秋も深まる頃だった。秋の静けさの中に… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品