>
[Amazon] 凍りついた香り (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

凍りついた香り (幻冬舎文庫)
凍りついた香り (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

凍りついた香り

2.8 [2.8](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:68566位
  • Amazon価格:¥ 617
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344401360(幻冬舎)
凍りついた香り (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 2.8 [2.8]

2.8

凍りついた香り

08:30:By Phantasmagoria

何だか読むのに時間がかかった…『博士の愛した数式』は期待が大きかっただけにあまりいい印象はなかったが、こちらは結構好きだ。他の作品も読んでみたい。

JUGEMテーマ:読書 久しぶりに見た王様のブランチで、 前回読んだ『告白』が紹介されていました。 結構参考にもするのだけど、 すでに読んだものが紹介されるのもうれしかったりする。 もう読んだ〜って(子… このレビューの続きを見る

小川洋子『凍りついた香り』(幻冬舎文庫、2001年8月)。 自殺した調香師の弘之のを追ってプラハへ行くところから話が始まる。いっしょに暮らしていたのに弘之の過去を何も知らなかったことに気づく。弟の彰との… このレビューの続きを見る

眠れなくて若干やけくそ気味にレヴュを書いてる気がしますが気にしない。 突然の恋人の死。彼の弟の話では、彼の経歴は全て嘘だった。 次々と現れる、彼女の知らない彼の顔。 涼子は彼の過去を知るためにプラハへと旅立つ。 綺麗な本、なんだけど 綺麗すぎるかな。 数学、と記憶、ってキーワードも『博士の〜』とかぶってるし。 心が清らかな人はきっと好きになるジャンルなんでしょう 笑

関連する商品