>
[Amazon] 廃用身 (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

廃用身 (幻冬舎文庫)
廃用身 (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

廃用身

おすすめ!3.7 [3.7](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:53732位
  • Amazon価格:¥ 660
  • ユーズド価格:¥ 80
  • ISBN/ASIN:4344406397(幻冬舎)
廃用身 (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.7 [3.7]

久坂部羊「廃用身」読了しました。 廃用身とは脳梗塞や脊椎損傷で麻痺した後にリハビリによって回復する見込みが無いと診断された四肢を指す医学用語。デイケア施設で老人の医療に携わる医師漆原は、患者の身体的・精… このレビューの続きを見る

「廃用身」久坂部 羊 402p幻冬舎 廃用身とは、脳梗塞などの麻痺で 動かすことが回復しない手足のこと。 医師の漆原は、廃用身を切除して本人も、介護するものも、楽になるように したいと考えた。 書… このレビューの続きを見る

3.7

廃用身

19:45:By 接吻遊戯

わたしが医療法人で働いていた頃に買った本。これはフィクションなのだが、ノンフィクションのように書かれているため、実際にこんなことが起こってもおかしくないだろう、と思わせる力がある。また、実際にこんな… このレビューの続きを見る

これは面白かった! フィクションなんだけど、ノンフィクションみたいに書かれていて 気が付いたらノンフィクションを読んでいるんじゃないかと勘違いしてしまいそうでした 麻痺して動かなくなった手足を切断… このレビューの続きを見る

★★★★☆ 先日読んだこの本が面白かったので、別の1冊をチョイス。 またもやページをめくる手が止まらず。 小説の作り方として、また内容も面白かったけど ホラーより、こっちのほうがよっぽど現実的で怖い。 私自身の老後を想像したらゾッとした。

かなり昔に読んだ本ですが、 ちょっと読書についてのアンケートを求められ 印象に残ってる本といえば、↑コレρ( ̄∇ ̄o) コレ 基本、物忘れ激しいので 読んだら忘れてしまうことが多いo(T^T)o中、 強烈でグロテ… このレビューの続きを見る

「廃用身」とは、脳梗塞などの麻痺で動かなくなり、しかも回復の見込みのない手足のことをいう医学用語である。 医師・漆原糾は、神戸で老人医療にあたっていた。 心身ともに不自由な生活を送る老人たちと日々、… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品