>
[Amazon] 探偵ザンティピーの休暇 (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

探偵ザンティピーの休暇 (幻冬舎文庫)
探偵ザンティピーの休暇 (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

探偵ザンティピーの休暇

3.1 [3.1](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:782771位
  • Amazon価格:¥ 576
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344415493(幻冬舎)
探偵ザンティピーの休暇 (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.1 [3.1]

 幻冬舎文庫

マンハッタンに住むザンティピーは数カ国語を操る名探偵。彼のもとに、日本人と結婚した妹・サンディから「会いに来て欲しい」と電話があった。嫁ぎ先の北海道の旅館で若女将になった妹の言葉を不審に思いながら、… このレビューの続きを見る

初期の小路さんの作品と似た毛色のミステリ。 ニューヨークで私立探偵をしているザンティピー・リーブス。 十三も年が離れた最愛の妹サンディ(アレクザンドラ・リーブス)が 結婚して北海道の温泉旅館の若女将になった。 ぜひ遊びに来て、という彼女の言葉に、 休暇を利用して日本に来たザンティピー。 彼は、妹が何か頼みたいことがあるのだろうと気づいていた。

探偵ザンティピーの休暇 著/小路幸也 個人評価: P254   ≪38文字×15行≫ 【あらすじ】  マンハッタンに住むザンティピーは数ヶ国語を操る名探偵。彼のもとに、日本人と結婚した妹・サンディから「会いに来て欲… このレビューの続きを見る

 マンハッタンに住むザンティピーは数カ国語を操る名探偵。彼のもとに、日本人と結婚した妹・サンディから「会いに来て欲しい」と電話があった。嫁ぎ先の北海道の旅館で若女将になった妹の言葉を不審に思いな… このレビューの続きを見る

マンハッタンに住むザンティピーは数カ国語を操る名探偵。彼のもとに、日本人と結婚した妹・サンディから「会いに来て欲しい」と電話があった。嫁ぎ先の北海道の旅館で若女将になった妹の言葉を不審に思いながら、… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 マンハッタンで探偵行を営むザンティピーは、数ヶ国語を自由自在に操る名探偵なのだが、ある日、日本にお嫁に行った妹サンディから連絡が入った。日本まで会いに来て欲しいと。何か事情がある… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 マンハッタンに住むザンティピーは数カ国語を操る名探偵。彼のもとに、日本人と結婚した妹・サンディから「会いに来て欲しい」と電話があった。嫁ぎ先の北海道の旅館で若女将になった妹の言葉… このレビューの続きを見る

初読みの小路幸也。 Twitterではフォローしているのに読んでないなぁと思って、 というのは半分マジな理由。 気軽に楽しく読めるミステリーだった。 軽妙な文章と、キャラ作りがとても上手いなぁというのが感想。… このレビューの続きを見る

関連する商品