>
[Amazon] キッズログ 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

キッズログ 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)
キッズログ 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)で自分のブログにレビューを書く

キッズログ 1

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazon価格:¥ 681
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344819756(幻冬舎コミックス)
キッズログ 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

人気作家・井筒燈利(いづつとうき)は、離れて暮らしていた双子の弟・和利(かずき)の訃報に駆けつけ、弟の息子・亮太と暮らすことに。 まだ幼い亮太は、燈利を父親だと思い込んでいるが、燈利は初めての子育てに… このレビューの続きを見る

 葉芝真己さんの他社からだした2種類目の本のキッズログです。 本屋で見かけて買ったのですが、以外に前に発売されていたのですね。近くの本屋がルチルを取り扱っていなかったので気づきませんでした。 人気… このレビューの続きを見る

〔2010/6/24〕★★★☆☆ 人気作家・井筒燈利(とうき)は、離れて暮らしていた双子の弟・和利(かずき)の訃報に駆けつけ、弟の息子・亮太と暮らすことに。まだ幼い亮太は、燈利を父親だと思い込んでいるが、燈利は… このレビューの続きを見る

 誰も望まぬジョブチェンジを遂げた冬水社の看板作家が、古巣からの脱却を図ったのは記憶に新しい。冬水社で四天王と言えば、葉芝真己先生・あべ美幸先生・森本秀先生・杉浦志保先生のことを指すわけですが、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 人気作家・燈利が突然シングルファーザーに!? 元気な亮太とのふたり暮らしに、亮太が懐く保育士・祐司も同居することに…。 先月から本屋で『幸せはこんなカタチでやってくる』の文庫を見かける度にどうしようか悩む。 この頃は冬水社もちゃんとBL作品出していたのよね…。

関連する商品