>
[Amazon] たおやかな真情 (幻冬舎ルチル文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

たおやかな真情 (幻冬舎ルチル文庫)
たおやかな真情 (幻冬舎ルチル文庫)で自分のブログにレビューを書く

たおやかな真情

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:391783位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:434482279X(幻冬舎コミックス)
たおやかな真情 (幻冬舎ルチル文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

 慈英×臣シリーズも6冊目。スピンオフも含めれば7冊目ですね。すでにラブラブな二人の続きをここまで長く書いてらっしゃる崎谷先生すごい!前作「はなやか哀情」は甘い二人が好きな方にしたら少しキツイ内容… このレビューの続きを見る

崎谷はるひ「たおやかな真情」 慈英の記憶が全て戻ったことで、臣との関係も元に戻るかに思われたが、実際はそう簡単ではない。臣に関する記憶だけを一切失っていた間のことも忘れていない慈英の態度はいまだにど… このレビューの続きを見る

3.6

たおやかな真情

00:42:By 花夢想記

失っていた記憶を秀島慈英が無事に取り戻し、あまい日々が続くものと思っていた小山臣だったが、いまだ二人の関係はどこかぎくしゃくしたまま。そんな二人のもとを突然、年若いが独特の雰囲気をまとった壱都を連れ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 記憶を取り戻した慈英は、いまだ臣へぎくしゃくした態度となっている。そんなある日、美少女教祖を預かることになった臣は…!? シリーズ物も10年経てば、いろいろと方向性が変わっていくというか…。 なんだかなあ…。

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 失った記憶を秀島慈英が無事に取り戻し、あまい日々が続くものと思っていた小山臣だったが、いまだ二人の関係はどこかぎくしゃくしたまま。 そんな二人のもとを突然、年若いが独特… このレビューの続きを見る

関連する商品