>
[Amazon] 最貧困女子 (幻冬舎新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

最貧困女子 (幻冬舎新書)
最貧困女子 (幻冬舎新書)で自分のブログにレビューを書く

最貧困女子

おすすめ!3.8 [3.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:20542位
  • Amazon価格:¥ 842
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344983610(幻冬舎)
最貧困女子 (幻冬舎新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.8 [3.8]

 鈴木大介『最貧困女子』を読書中。  社会不適応女子が、女子コミュニティからも社会からも排斥されて、 セックスワークに逃げ道を見出しても、残念な容姿と体型ゆえに、そこにも逃げ場はなく、日銭を体で稼… このレビューの続きを見る

ここ10年くらいでしょうか、日本の貧困に関する調査・情報発信が盛んになっているきがしますが、この本は最底辺で生きる女性たちにスポットをあてたものです。 著者による考察によると、  ”人は低所得に加… このレビューの続きを見る

「最貧困女子」

20:24:By moji*lib

第一章からかなり衝撃を受けた。親、親戚から見放され、孤独のなかアルバイトで生活を繋ぐ女子、貧しくとも地元に根をはって、コミュニティーの中で支え合って生きていく女子。 貧困にもいろんな貧困がある。 お… このレビューの続きを見る

夜中の風呂場でのこぎり片手に、ごりごりと切りまくっていた管理人です。まあ、風呂場に響く鈍い音w ただたんに水草を活着させた流木を全部捨てるには忍びなさ過ぎて、少しだけでも撮っておこうと小さく切ってい… このレビューの続きを見る

鈴木大介氏の著作『最貧困女子』(幻冬舎新書、ISBN-13: 978-4344983618)を読みました。 <中略> この本で鈴木氏は、後半で風俗やセックスワークで働く女性を分類し、状況を少しでも改善するための方策を提案し… このレビューの続きを見る

鈴木大介さん待望の新刊新書。ホワイトハンズ事務局に献本して頂きました。ありがとうございます! タイトル通り、性風俗や売春の世界における最底辺層の女性を活写したルポ。 著者の鈴木さん、私がこれまで… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品