>
[Amazon] puzzle (祥伝社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

puzzle (祥伝社文庫)
puzzle (祥伝社文庫)で自分のブログにレビューを書く

puzzle

2.9 [2.9](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:459188位
  • Amazon価格:¥ 506
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396328095(祥伝社)
puzzle (祥伝社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 2.9 [2.9]

 内容(「BOOK」データベースより) 学校の体育館で発見された餓死死体。高層アパートの屋上には、墜落したとしか思えない全身打撲死体。映画館の座席に腰掛けていた感電死体―コンクリートの堤防に囲まれた無機質な廃墟の島で見つかった、奇妙な遺体たち。しかも、死亡時刻も限りなく近い。偶然による事故なのか、殺人か?この謎に挑む二人の検事の、息詰まる攻防を描く驚愕のミステリー。

この間読んだ、「象と耳鳴り」の主人公の息子、"春"が主人公です。面白かった・・・・なんか、えーって感じだけど(笑)。 comment trackback

文庫書き下ろしの一冊。 真相は最後にわかるのだけれど、 非現実な話ではあるのだけれど、 ひきこまれて、読んでしまいました。 恩田陸さんの本の主人公は なんだかよく歩いている気がするのは 夜のピクニックの影響だけでは ないとおもうんだよなー。

puzzle (祥伝社文庫)

19:42:By 宙返る!

じつは、初・恩田陸でした。 通学通勤にピッタリ度 ★★★★★ <あらずじ> かつては人の住んでいた無人島で発見された、身元不明の三つの遺体。ところが死亡時刻は非常に近い。餓死、感電死、転落死。事件なの… このレビューの続きを見る

puzzle (祥伝社文庫)

17:31:By planet17

学校の体育館で発見された餓死死体。高層アパートの屋上には、墜落したとしか思えない全身打撲死体。映画館の座席に腰掛けていた感電死体―コンクリートの堤防に囲まれた無機質な廃墟の島で見つかった、奇妙な遺体た… このレビューの続きを見る

学校の体育館で発見された餓死死体。 高層アパートの屋上には、墜落したとしか思えない全身打撲死体。 映画館の座席に腰掛けていた感電死体――コンクリートの堤防に囲まれた無機質な廃墟の島で見つかった、奇妙な… このレビューの続きを見る

廃墟の島で見つかった変死体の謎にせまるミステリ。 すごく薄っぺらい(153ページ)なので、ミステリとしては どうなのかと思ったら…中身も薄っぺらかったです(汗) 文字数も少ないですし…初心者にとっつきやすいように 書いたのかもしれないですが、 手抜きしてるようにもとれる作品ですね(笑)

2.9

puzzle

10:42:By Life〜気の向くままに

そんなのあり? この物語は?:Piece 短い脈絡のない文章が提示され、伏線がひかれます。 次に?: play 本文が始まります。二人の検事が舞台である廃墟の無人島に上陸し、事件を検証していきます。 そして、?:p… このレビューの続きを見る

恩田さんにしてはあっさりまとまった作品。 短いし。 無人島で3人の死体が見つかる。 一人は餓死、一人は感電死、一人は屋上で墜落死という奇妙な状況。 設定は相変わらず面白いなあ、と思った。 長編バージョンとかあればいいのにな。

祥伝社のテーマ競作「無人島」の一作です。そもそもテーマ競作とやらの企画を知らなかったんですが、作家とか作品タイトルのランナップを見た感じテーマ「無人島」が一番面白そうだ。 無人島で3人の男性の遺体が… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品