DB Error: connect failedDB Error: connect failed 沈黙博物館 - 小川 洋子 のレビュー全5件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 沈黙博物館 (ちくま文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

沈黙博物館 (ちくま文庫)
沈黙博物館 (ちくま文庫)で自分のブログにレビューを書く

沈黙博物館

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:207854位
  • Amazon価格:¥ 842
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480039635(筑摩書房)
沈黙博物館 (ちくま文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

 TommyさんへYO。だいぶ秋めいてきたNE。今日は・・・てか、ここ3日、寝みぃ。まじねむい。鬼眠い。テンションがおかしくなるほど眠いし疲労コンパイル。小川洋子の本は精神的に参ってる時や静かな気持ちにな… このレビューの続きを見る

耳縮小手術専用メス、シロイワバイソンの毛皮、切り取られた乳首…「私が求めたのは、その肉体が間違いなく存在しておったという証拠を、最も生々しく、最も忠実に記憶する品なのだ」―老婆に雇われ村を訪れた若い博… このレビューの続きを見る

 耳縮小手術専用メス、シロイワバイソンの毛皮、切り取られた乳首…「私が求めたのは、その肉体が間違いなく存在しておったという証拠を、最も生々しく、最 も忠実に記憶する品なのだ」―老婆に雇われ村を訪れ… このレビューの続きを見る

 老婆が盗み出した村人の生を象徴する形見。それらを展示する博物館を作る技師の「僕」。「僕」の作業を手伝ってくれる老婆の家に住む人々。沈黙の伝道師。平和な村に起きた爆破事件や殺人事件。それらが絡ま… このレビューの続きを見る

沈黙博物館

15:44:By asgym

青春18切符で姫路から千葉まで帰る電車の中で揺られながら読んだ。微小の変化を繰り返しながらも変化しない風景。名前を失ってしまったかのような定められた線上からの風景と、あえて固有名詞を排除したように思える小説。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品