DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed フューチャリスト宣言 - 梅田 望夫, 茂木 健一郎 のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] フューチャリスト宣言 (ちくま新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

フューチャリスト宣言 (ちくま新書)
フューチャリスト宣言 (ちくま新書)で自分のブログにレビューを書く

フューチャリスト宣言

おすすめ!3.6 [3.6](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:775666位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480063617(筑摩書房)
フューチャリスト宣言 (ちくま新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.6 [3.6]

 フューチャリスト宣言 著者 : 梅田望夫、茂木健一郎

茂木健一郎 脳科学者 1962年、東京生まれ。 1985年、東京大学理学部卒業 1987年、東京大学法学部卒業 1992年、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了 その後、ケンブリッジの留学を経て ソ… このレビューの続きを見る

 梅田望夫さん、久しぶりに読んだのですが、やっぱり面白いですね。「ウェブ進化論」、もう1回読もうかな・・・。 「今後、個人の信用は、ネットで名前を検索した時に何が出るか、で測られるようになる」と… このレビューの続きを見る

梅田 望夫氏と、脳科学者の茂木健一郎氏の対談集である。 3回にわけて行った対談と、両氏がそれぞれ学生に向けて行った講演の書き起こしで構成されている。本書を通して読むと、たとえやっている仕事の方向性は違っても、梅田氏と茂木氏の根本的な価値観は非常に似ていることがよくわかる。

読んだら、レビューします。

梅田さんの著作を先輩に薦められて読んでから、沢山のシビれる言葉達に出会った。 この本から挙げるなら、例えば、 「未来は予想するものではなく、創り出すものである。そして、未来に明るさを託すということは… このレビューの続きを見る

今をときめくお二人といった感じの本ですが、 内容も非常に面白かった。 ネットやWebに抵抗がある方でも比較的読みやすいかなぁ。 ほんと、インターネットの普及により、 またWeb2.0の時代になり、1個人… このレビューの続きを見る

『ウェブ時代をゆく』を読んで、梅田望夫さんの考えに心揺さぶられてから、梅田さんの著書を読んでみた。一つは大ベストセラー『ウェブ進化論』。立ち読みで済ませていた本だったが、改めて読んでみると単なるイン… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 弱点がチャンスだということ、 コンプレックスがチャンスだということ。 P206 茂木健一郎さんの言葉から抜粋

購入先:Amazon 未読

「ウェブ進化論」は私のバイブル的な1冊である。 だから、梅田望夫さんの著作は是が非でも読みたい。 この本も気になっていた1冊であったが、 恥かしながら、茂木健一郎さんに対して偏見があった。 この本を読… このレビューの続きを見る

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります 本書には、『ウェブ進化論』の著者梅田望夫氏と、TVでもおなじみの脳科学者茂木健一郎氏による対談と、それぞれが若い人々へ向けて行った講演の記録が収められています… このレビューの続きを見る

自分にとっては最も興味深い、 エキサイティングな二人の対談によって書かれた本で、 しかも、その内容は、現状を踏まえながらも、 極めてポジティブに、 WEBの可能性について語られている。 WEBの持つ可能… このレビューの続きを見る

梅田望夫氏と、脳科学者の茂木健一郎氏の対談集である。 3回にわけて行った対談と、両氏がそれぞれ学生に向けて行った講演の書き起こしで構成されている。本書を通して読むと、たとえやっている仕事の方向性は違… このレビューの続きを見る

WEB2.0時台の「フューチャリスト」たる2人の対話録。 ネットを活用することにより、従来の何倍もの効率性を得ている我々現代人の今後の働き方、コミュニケーションの取り方についての示唆が豊富。 今後は「… このレビューの続きを見る

読了。 今までのお二人の著作読了後に (茂木健一郎さんの著作は殆ど読ませて頂いたが、  梅田望夫さんの著作はまだ『WEB進化論』だけしか読んでいないのだけど) ふつふつと湧いて出てくるような、 未来… このレビューの続きを見る

この本を読んで個人的に面白い感覚だなと思ったのは、梅田さんの言葉で「いいことをいっぱい書くと、グーグルが賢くなるんですよ。」というのでした。もちろん、ネットでいいことをいっぱい書くということですが、… このレビューの続きを見る

 本書はそのタイトルが明瞭に示す通り、アジテーションとしての書物である。  両者の対談はグーグルの躍進から始まり、ブログ文化の発達やシリコン・ヴァレーの開発者たちの持つポジティヴな姿勢、そしてそれ… このレビューの続きを見る

衝動的に本が読みたくなって、会社近くの本屋で、ドカっとまとめ買いをしてしまった1冊。 著者の名前を見ただけで、「売れそう」なニオイがプンプンしたので、ちょっと躊躇してしまったが、たまにはこういう本もい… このレビューの続きを見る

『ウェブ進化論』の梅田望男先生と『NHKプロフェッショナル仕事の流儀』でもおなじみの脳科学者・茂木健一郎先生の夢の対談。 

『ウェブ進化論』の梅田望男先生と『NHKプロフェッショナル仕事の流儀』でもおなじみの脳科学者・茂木健一郎先生の夢の対談。 脳とインターネットの共通点は「偶有性」   偶有性=必然と偶然の間、どう変化す… このレビューの続きを見る

読んだ本 864と5/6

23:02:By

梅田望夫・茂木健一郎共著 ちくま新書

楽天的であることは一つの意思である 未来は予想するものでなく、創り出すものである グーグルが、インターネットとは何ぞや、というのを発見した 公共性と利他性がインターネットの特質 アダムとイブのリンゴ… このレビューの続きを見る

リアルかヴァーチャルかといった話は,テレビゲーム(昨今のハイテクマシンもそう呼ぶしかないか?)の影響がどうのこうのという不毛な議論の時によく出てきたけど,最近はネット上のコミュニケーションに関して言… このレビューの続きを見る

ウェブ進化論の梅田望夫氏と「アハ」「クオリア」の茂木健一郎氏の対談の様子。 ウェブ進化論を読んだ時もそうだったが、非常にワクワクしながら読むことができた。何にワクワクするかといえば、未来。とはいっ… このレビューの続きを見る

最近、未来について書かれた本で、 こんなにもワクワクしたことがあっただろうか? お二人とも一つの意志として“楽天的であること”を選んで生きている。 「未来」とか「Web」について、とかくシニカルな発言が… このレビューの続きを見る

新しい世界

19:33:By 乙女ノオト。

『インターネットは人類が言語を獲得して以来最大の地殻変動』 読後、新しい世界を見れそうだとわくわくしてしまった。私たちはとてつもない変革の中にいる。物理的な変化はそう劇的ではないだろうが、意識の… このレビューの続きを見る

関連する商品