>
[Amazon] 多読術 (ちくまプリマー新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

多読術 (ちくまプリマー新書)
多読術 (ちくまプリマー新書)で自分のブログにレビューを書く

多読術

おすすめ!3.8 [3.8](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:11836位
  • Amazon価格:¥ 864
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480688072(筑摩書房)
多読術 (ちくまプリマー新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.8 [3.8]

382 多読術

09:36:By AW

読んだ。

 多読術 著者 : 松岡正剛  分類 : 019.0

読書方法

14:57:By

 情報収集にインターネットを活用するのは確かに便利ですが、情報に関連する「本を読むこと」も情報収集のひとつです。私は本を読むことが好きですが、本を読むことを苦手とする人もいます。そこでただ単に「… このレビューの続きを見る

3.8

多読術

18:17:By ひとりごと

    読書の方法が書かれているのかなぁ〜 と 手に取った一冊・・ 著者の方は本を沢山読まれていて それだけではなく 文章を書かれていて (本を作る側の) 編集の仕事もされた方でもあるので 本のスペシャリ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

多読術

22:37:By 学(ぼ)ぶログ 

 本ばっかり読まないで、実践が大事だと最近つくづく思う。こうやってブログにまとめて定着を図るだけでは、ゴルフ本よんで、ゴルフしたことないのと変わんない。とはいえ、ジャングルを歩くような感覚を得た… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 仕事が少し落ち着いたので、服と本を買いに行ってきました。 久しぶりの・・・読書です。 うれしいなー♪ というか・・・このために生きてるな(笑) 読了したら・・・書評を書こうと思います。  

 僕が凄いなと思っている人の1人(世の中にはたくさんいますが)が、本書の著者である松岡正剛さん。なにが凄いって、その読書量。書評サイト「千夜千冊」を立ち上げ、現在は1305夜に到達。それも単なる簡単… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  日が開いちゃいましたがご機嫌いかがでしょうか?さて、新書シリーズ。これはおもしろかったですね。

JUGEMテーマ:転職活動  明日、給与支給日です。パートナーと交渉していただくお小遣いは3万円。しかも昼食込み。好きな本がなかなか買えません。やはり、何とかしないといけませんね。いろんなことを・・… このレビューの続きを見る

多読術

13:51:By sometimesUC,sometimesION

  まったくちくまプリマー文庫ではないと思う。  その読書量には遠く及ばないけど、やっぱり本が好きな人なのだろう。エンゲル係数というものの本係数というものがあったら、多分ひどくパーセンテージを占めているのだろう。心して読まなければならない本だと思う。1Q84の回復書として読んだらとてもじゃなく回復できず、その病を深くした。

3.8

多読術

22:13:By Easy-WorkStyle

松岡正剛さんの本はいつ読んでもすごい。とにかく知識量が膨大なんだけど、その膨大な知識はどこからくるのか、その読書術はどういうものなのだろうということを知りたくて読んでみた。途中、こりゃあかんわと思っ… このレビューの続きを見る

07:07:By Brand New Pop Gear

1回目 2009.052回目 2014.08● 本というのは、長い時間をかけて世界のすべてを呑みつくしてきたメディアです。ギルガメッシュの神話から湾岸戦争まで、カエサルから三島由紀夫まで、ラーメンから建築まで、金融危… このレビューの続きを見る

3.8

『多読術』

17:56:By betawave

 多くの本はやれ「多読」がいいだの「速読」が良いだの言いますが、この本は多少・速遅それぞれを勧めます。  周囲の環境と読む本のマッチングとか、いろいろと視点はあります。  「編集工学」の内容は、世界観の問題を「編集」って言葉で焼き直したような印象。表面だけ新しいというか。  ……この人、早稲田大学新聞出身か(しかも60年代後半の)wすげぇなw■(27/100)

松岡正剛の多読術を買いました。 本を好きな人が何を考えているのか。 本が好き!って自慢したいけれど,何を自慢したらよいのか。 パラパラとめくったときに,そんなことがわかりそうだったので,買ってみました。

「編集」のスペシャリストで、 千夜千冊でおなじみの「読書」のスペシャリスト、 松岡正剛さんの読書に関するインタビューをまとめたもの。 ここまで自由な気持ちで、 ワクワクしながら読んだ読書術の本はほかにな… このレビューの続きを見る

私の尊敬する読書の達人・松岡正剛さんの読書論です。 (勢いあまって、ISIS編集学校で、松岡さん直伝プログラムである「離・世界読書奥義伝」まで受講してしまいました。→ http://es.isis.ne.jp/course_ri/ripor… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品