>
[Amazon] 究極の田んぼ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

究極の田んぼ
究極の田んぼで自分のブログにレビューを書く

究極の田んぼ

3 [3](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:136306位
  • Amazon価格:¥ 4,980
  • ユーズド価格:¥ 586
  • ISBN/ASIN:453249088X(日本経済新聞出版社)
究極の田んぼのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3 [3]

田んぼ

16:44:By STORY OF NOISE

春に田んぼに行くとカエルのたまごがたくさんあった。 それは祖父の池で見たものと同じでした。 良く見るとオタマジャクシもたくさんいたのでビニール袋一杯に取りました。 田んぼは僕の良い遊び場でした。  

この農法は、マダガスカルで発明されたのですが、不思議にも情報が発信されず、アップホプ教授によって世界30カ国で実験が始まったばかりです。ロラニエが提唱した原則は、非常に簡単なもので、農法とはいえないも… このレビューの続きを見る

 1996年、アメリカ農務省のサラ・ライト博士が、グロマリンを発見し、不耕起栽培を奨励したのです。菌根をつくって植物と共生する菌類を菌根菌といいますが、グロマリンは、菌根菌の中の真菌が排泄する、強粘着質… このレビューの続きを見る

後ろにいるのは穀物メジャーで、わが国はアメリカの戦略に乗せられているようです。特に乳牛などは、本来の「乳脂肪分13.2パーセント」前後を認め、牧場の原風景に戻れば、輸入穀物は半減し、恐い畜産糞尿の発生も激減するはずです。そうなれば、私の東京での講演会の時に、有機栽培の認証マークの付いたものは、危ないから絶対に食べないように、という講演をしなくてもよくなります。

私の祖父は、囲炉裏端で酒を飲みながら、その茶碗を落とさずにあの世に行きました。親父は酒を飲みながら、書道の大文字を書きながら、苦しまずに死にました。そんな家系ですから、私は田んぼの中で死ねたら本望だと思っています。