>
[Amazon] ラプソディ・イン・ラブ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ラプソディ・イン・ラブ
ラプソディ・イン・ラブで自分のブログにレビューを書く

ラプソディ・イン・ラブ

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1235902位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4569792227(PHP研究所)
ラプソディ・イン・ラブのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

小路さんの本はついつい読んでしまう。 都合のいいハッピー・エンディングとわかっていても、 時々こういう暖かでやわらかい愛を読みたくなる。 俳優一家。 往年の名俳優、笠松市朗。 別れた笠松の元妻、伝… このレビューの続きを見る

 父の最後の映画。家族で過ごす、最後の時間。彼らの台詞は真実か、演技か。 「東京バンドワゴン」シリーズの著者が描く家族の肖像。 バンドワゴンシリーズに通じるものがあるお話ですね。 別にあの一家が登場するわけではないけれど、すごく雰囲気が近い。 単純に「おもしろかった!」って清々しい気持ちになりました。

名優と言われる俳優の笠松市朗。老いた彼が最後の作品として選んだのは、かつて自分が住んだ家で撮る家族の物語。最初の妻、四ノ宮睦子。その息子、園田準一。後妻の息子、岡本裕。その婚約者、二品真理。なんと全… このレビューの続きを見る

内容紹介 ろくでなしでも、世間は名優と呼んでくれる。役者とはそういう職業だ。山と海に囲まれた、とある町の古い日本家屋。かつてそこは、日本の映画界を支えてきた笠松市朗が、愛する家族と過ごした家だった。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ろくでなしでも、世間は名優と呼んでくれる。役者とはそういう職業だ。山と海に囲まれた、とある町の古い日本家屋。かつてそこは、日本の映画界を支えてきた笠松市朗が、愛する家族と過ごした… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品