>
[Amazon] 原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか (PHP新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか (PHP新書)
原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか (PHP新書)で自分のブログにレビューを書く

原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか

おすすめ!4.3 [4.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:694638位
  • ユーズド価格:¥ 555
  • ISBN/ASIN:4569804179(PHP研究所)
原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか (PHP新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 4.3 [4.3]

4.3

原発難民

15:45:By 儒侏の言葉

福島原発事故発生後、行政は地図に原発を中心に円を描き、原発からの距離によって、避難区域、警戒区域などに割り当てた。しかし、放射性物質は風に乗り、雨や地形によってランダムに降る。原発からの距離だけで危… このレビューの続きを見る

 原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか 著者 : 烏賀陽弘道  分類 : 543.5

最終章の、松野元氏(原子力安全基盤機構に在籍後、四国電力を定年退職)へのインタビューが圧巻であると思う。松野氏は原子力ムラの真ん中にいながら、住民を原子力災害から守るはずの防災体制の欠陥を3・11以… このレビューの続きを見る

「被曝は人災だった」 そしてそれは今も状況は何ひとつ変わっていない。 原発容認、肯定、推進、反対、即時停止… 全ての立場の方にとりあえず読んで欲しい一冊。