>
[Amazon] 仏果を得ず

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

仏果を得ず
仏果を得ずで自分のブログにレビューを書く

仏果を得ず

おすすめ!3.4 [3.4](45件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:234834位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575235946(双葉社)
仏果を得ずのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(45件) 3.4 [3.4]

「もし文楽の神様がいるのなら。俺を長生きさせてくれ。もらった時間のすべてを、義太夫に捧げると誓うから。」 毎回思うことですが、三浦さんの文章はとにかく読みやすい。これといったクセがあるわけでも独特の… このレビューの続きを見る

3.4

文楽

16:02:By cocconino * blog

友人薦められた三浦しをん「風が強く吹いている(Click!)」は未読のまま、 目にとまった「仏果を得ず(Click!)」文楽に賭ける若太夫の人間ドラマ。余りに面白く一気読みした。 文楽の名作と共に成長していく主人公… このレビューの続きを見る

 短い話なのだから、一気に読まんかい!と自分に突っ込みながらやっと読み返しましたよ。 「仏果を得ず」 三浦しをん 高校生の私は受験に押しつぶされそうな精神状態で、つまり常に現実逃避を求めていたあ… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

12:57:By 雑記

三浦しをん、やりますな。 今回の世界は文楽。 文楽とは、人形浄瑠璃を受け継いだ日本の伝統的な人形劇。 三人で人形を操る人形遣いが一番目を引きますが、本作では浄瑠璃を演奏する大夫と三味線にスポットが… このレビューの続きを見る

「仏果を得ず」

17:44:By 少年は跳ぶ

内容紹介、 “好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。  三浦しをんさんの作品、本当におもしろくてどうしましょうか。… このレビューの続きを見る

3.4

28冊目

21:41:By ただの日記

 

これも新聞広告で知った本。面白そうだ〜と思いながら読む機会がありませんでしたが、偶然妻が借りていたので読んでみました。表紙を見ると分かりますが、何と「文楽」を題材にした作品です。「文楽」なんて一度も… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) “好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

仏果を得ず

22:25:By ぶくわむ

文楽(ぶんらく)を題材にしたお話です。 …これずっとぶんがくって読んでた…。今変換されないから検索して読み方知った…。 文楽は男性によって演じられる。太夫、三味線、人形遣いの「三業(さんぎょう)」で成… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

01:16:By ほんのひとこと

研修所を出て文楽の大夫になった健は 師匠の銀大夫から兎一郎の三味線と組むように言われる。 同じ大夫と組まないことで有名だった兎一郎だが 健のことは気に入ったらしく稽古にも参加するようになった。 公演ごと… このレビューの続きを見る

 日本の伝統芸能の一つ、文楽として一般に知られている人形劇(人形浄瑠璃)を演じる、若手大夫のお話。芸道に取り憑かれたこの青年を取り巻く稽古や恋のお話が、ほどよく混ざり合い、やわらかい作品に仕上がってい… このレビューの続きを見る

[小説] ブログ村キーワード 【内容情報】(「BOOK」データベースより) “好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。 

 文楽という伝統芸能の世界です。本を読む楽しみのひとつに、知らない世界を覗き見ることがありますが、そんな楽しさがありました。事実と異なる部分があると最後に断りがありますが、それは小説だから当たり… このレビューの続きを見る

私が初めて三浦しをんさんを認識したのは『爆笑問題のススメ』という番組から。(その番組は作家さんが毎回ゲストとして登場し、本好きで知られる爆笑問題太田さんが作家さんと熱く語り合っちゃう、めちゃくちゃ面… このレビューの続きを見る

仏果を得ず

21:06:By モノ

文楽の太夫の健が、ちょっと無口な三味線の兎一郎とコンビを組むところから始まります。 面白かったですよ〜 健と忠臣蔵を重ねるのには、人生?の重さの違いを感じてしまって、 軽い運びの物語だなって思っち… このレビューの続きを見る

直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。(双葉社より)文楽ってなに?って思っていた私でも、全然堅い話ではなく、とても面白く読めました。 だからといって文楽の知識は全く身につきませんでしたが(笑) 兎一郎さん、かっこいいです。 JUGEMテーマ:小説全般

仏果を得ず

00:27:By よそゆき

JUGEMテーマ:読書 文楽。この伝統芸能の世界で健は、 太夫の道を究めんと修行に励んでいる。 そんなある日、尊敬すべき人間国宝の師匠から、 飛び切り無愛想な義太夫三味線の兎一郎と組むように言われて…。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日々徒然 「仏果」とは 仏教用語で、修業を積むことによって得られる悟りのことを意味 すると言う。 仏教のことも文楽のことも無知な私なのだけど、主人公・健大夫の文楽に対する 情熱や周りの人… このレビューの続きを見る

文楽についての知識は皆無だし観ようとしたこともないけど、楽しく読めました 単純に本の影響を受けやすいので、ちょっと文楽を観てみたいな〜と思っています。もちろんテレビで、ですがね。 JUGEMテーマ:読書

3.4

仏果を得ず

18:15:By mao-apple * journal

お友達のyumizuさんから「文楽版のだめカンタービレみたいでおもしろいよ。」ってお勧めしてもらっていた「仏果を得ず」を一気に読んでしまいました。 日本の古典芸能「文楽」は太夫と呼ばれる浄瑠璃語りと三味… このレビューの続きを見る

これが一番 というものを持っている人は とてもかっこいい 自分の 一番 を持った上で 相手の 一番 を知った上で 互いが それぞれ一番じゃないのに 互いが それぞれ一番に必死なのに 一緒にいられるって それってすごいよな まだまだ イチバン を欲しがるわたしは あー まだまだ なんだねえ

おもしろかったーーーー! 兎一兄さん、Sでかっこよす。 人生全てかけるに足るほど好きなものがあって、その才能もあるって、すごいことだよ… しかも、それを職業にできた健くんは、すごいラッキーボーイだ!… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

20:36:By The Samantha Times

あらすじ 直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。 三浦さんぽ… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

15:33:By ひまつぶし 

文楽の内容はいまいちよくわかんなかったけど、楽しめた、と思う 最初の方は取っつきにくかったけど読んでたら止まらなくなって、昨日一気に読み終えた。 銀太夫おちゃめwww福子さんも大変だ 兎一兄さんプ… このレビューの続きを見る

仏果を得ず

21:00:By coffee-milk crazy

GW中に読んだもの、その2。 「風が強く吹いている」があまりにも面白かったので、次も楽しみにしていたけど、文楽かぁ、とちょっと腰が引けていました。観たことないし・・・。ということで、やっと読んだ。三浦しをんさんの小説で一番好きなのは、会話の部分。テンポがツボにはまるのか?とにかく面白くて、好き!今回も堪能しました。 そして、お約束ですが読み終わった後は、文楽が観てみたくなったのでした。

仏果を得ず

21:43:By −just feeling−

JUGEMテーマ:読書 文楽は学校の文楽教室で一度だけ鑑賞したことがあります。 が、ほとんど寝てしまって演目がなんだったのかも憶えていない始末。 そんな中、私の歌舞伎熱がヒートアップし、いろいろ歌舞… このレビューの続きを見る

登場人物が活き活きと描かれていて、 笑いあり、涙ありで、とても面白いです。 文楽の世界がすごく身近なものに感じ、 一度見てみたいなぁと感じます。

仏果を得ず

21:45:By 溺書録

 タイトル硬いのに表紙は可愛らしいなあ。もっとくらーい感じを想像してたので、ちょっと拍子抜け。  今回は文楽の太夫さんが主人公のお話。この作家はほんとに自分の好きなことしか書かないなあ。いや、それは… このレビューの続きを見る

こんなにニタニタしながら小説を読んだのは「夜市」以来です。(つい最近じゃん) 文楽バカの健は、気ままな銀大夫師匠(人間国宝)の命令で、ちょっとやり辛い三味線弾きの兎一郎と組むことになる。 的確な三… このレビューの続きを見る

前回読んだ本は駅伝がテーマだったが(『風が強く吹いている』)、今回のテーマは文楽。 有体に云えばとても面白かった。なんでも著者自身が文楽にハマってエッセイも出し、その後に本作を出版したらしい。聞いて納… このレビューの続きを見る

三浦しをんの新作だわ、と思って 何も考えずに買ってしまったのだけれど、 文楽って。。。。 趣味に走りおって、と思って なかなか手が出なかったんでした。 が、趣味に走ろうとも、物語は面白くする。 プ… このレビューの続きを見る

双葉社 / 2007年11月初版 / 1500円 “好き”が過ぎるとバカになる。 でも、そんなバカならなってみたい。 文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。 直木賞作家が愛をこめて語ります。 あやつられ文楽鑑… このレビューの続きを見る

アンマリ内容覚えてないのですが、 普通に楽しんで読んだきがします。 文楽モノ?めずらしいですが、表紙の絵もかわいくてとっつきやすそう。

文楽の普及にこれほど貢献する人は、今世紀もう現れないんじゃなかろうか。 けっこう好きなんてレベルじゃない、文楽にとり憑かれている。人形の美しさに憑かれ、三味線の音色に憑かれ、太夫の語りに憑かれている… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

12:03:By 小春日和の本棚

双葉社HPより 直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。 JUGEMテー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/3〜2008/2/4 [BOOKデータベースより] “好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春。直木賞作家が愛をこめて語ります。

3.4

仏果を得ず

18:23:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。双葉社… このレビューの続きを見る

仏果を得ず

21:47:By たちばな

結構好きな話でした。装丁がかわいいです。表紙の人物が誰なのか考えながら読むのが楽しかったです。

今朝は雪になるかもしれないというので、少しワクワクしていたんですが、パラつきもしなくて残念。それにしても週末の寒かったことったら! 今日の午前中は久しぶりに日差しを強く感じたので、カメ達と鉢植えを屋… このレビューの続きを見る

仏果を得ず

06:14:By Book & Movie memo

☆☆☆☆ 伝統芸能界を舞台にした青春物。 特別な狙いで書かれた作品ではないと思いますが、個人的には「師匠萌え〜!兄弟子萌え〜!」な一冊でした。ふふふ。 芸に悩み恋に悩む主人公の姿は、悩みつつも結局は前… このレビューの続きを見る

仏果を得ず

00:11:By a bird shop

文楽に賭ける若手太夫の熱い青春。 ってことで「あやつられ文楽鑑賞」を楽しく読んだ勢いで この「仏果を得ず」を読み始めたせいもあり 相当楽しませてもらいました。 太夫と三味線・師匠と弟子・その他様々… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

18:53:By よみものきろく

直木賞作家が描く、伝統芸能の世界。主人公は太夫を語る大夫・健。人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながら健は成長していく。傑作青春小説。

《あらすじ》 文楽の大夫である健は師匠である銀大夫から三味線の兎一郎と組むように命じられる。きまった相方の大夫がいない兎一郎と組むことに最初は抵抗を持っていた健だが、兎一郎のひととなりを知るうちに少… このレビューの続きを見る

3.4

仏果を得ず

10:14:By LILYROSE Cafe

JUGEMテーマ:読書     −もしも文楽の神さまがいるのなら。       俺を長生きさせてくれ。       もらった時間のすべてを、義太夫に捧げると誓うから− *** 大好きな三浦しをんの新… このレビューの続きを見る

キャラ:★★★★☆ 特に藤根先生いいよね。 萌え:★★★★☆ 好きカップルは兎一郎さんと藤根先生夫婦。 ストーリー:★★★★☆ 『ガラスの仮面』ぽい(笑)。「俺は語れる…“勘平腹切”を語れる…!(ゴオオォー…!)」 文… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品