>
[Amazon] 雨降ノ山 ─ 居眠り磐音江戸双紙 6 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

雨降ノ山 ─ 居眠り磐音江戸双紙 6 (双葉文庫)
雨降ノ山 ─ 居眠り磐音江戸双紙 6 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

雨降ノ山 ─ 居眠り磐音江戸双紙 6

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:101196位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:457566149X(双葉社)
雨降ノ山 ─ 居眠り磐音江戸双紙 6 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

 御旗本、御家人と雖も、なんらかの御役に就いていなければ暮らしが立ち行かなかった時代。本シリーズのレギュラー・品川柳二郎は御家人の次男坊なのですが、この人も磐音並に日々腹を空かせております。母上… このレビューの続きを見る

気がつけば、時代モノの比率が増えてきている今日この頃(笑)。一時期は翻訳モノのミステリーばっかりだったんですけどねぇ。世の中では時代モノが流行ってきているようですが、それにつられたクチではないはずな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5)   あらすじ 夏を彩る大川の川開きを間近に控えた頃、深川六間堀の金兵衛長屋に住む浪人、坂崎磐音は日々の生計に追われていた。 川開きの当日、両替商の今津屋から花火見… このレビューの続きを見る

夏を彩る大川の川開きを間近に控えた頃、深川六間堀の金兵衛長屋に住む浪人、坂崎磐音は日々の生計に追われていた。川開きの当日、両替商の今津屋から花火見物の納涼船の護衛を頼まれる。不逞の輩が出没するという… このレビューの続きを見る

なんだか最近は居眠り磐音ブログになりつつありますね・・ よくわからんブログですいません。。 でも最近の楽しみはこれを読むことです!! どんだけハマってんだよ・・。 やっぱり私ってハマりやすい性格なのかなぁ〜。 周り見えなくなっちゃうかなぁ〜。 ・・・という私のどーでもいい葛藤はさておき、居眠り磐音シリーズ第6弾☆ 以下ネタバレ感想です

 シリーズ途中巻の感想のため、それまでの巻についてはいわゆる「ネタバレ」になってます。 まあ今更ですけどね。続きは折り畳んでおきます。JUGEMテーマ:読書

関連する商品