>
[Amazon] 無月ノ橋 ─ 居眠り磐音江戸双紙 11 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

無月ノ橋 ─ 居眠り磐音江戸双紙 11 (双葉文庫)
無月ノ橋 ─ 居眠り磐音江戸双紙 11 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

無月ノ橋 ─ 居眠り磐音江戸双紙 11

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:16052位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575661856(双葉社)
無月ノ橋 ─ 居眠り磐音江戸双紙 11 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

 笹塚孫一重傷!の巻でござる。おこんとか、奈緒こと白鶴太夫とか、そのぐらいの女性関係はいいんですけどね、織田桜子がウザ過ぎて食傷気味だったところへ、空気を読まないようで読む男・笹塚孫一の重傷です… このレビューの続きを見る

感想を書くために、ぱらぱらっとページをめくるのだけれど、つい読み始めたくなってしまう(笑)。最近はすっかり脳みそがゆだってるせいか、むしろ年齢的なものなのか(苦笑)、記憶力の低下が激しいのだけれど、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ★★★(3/5) あらすじ 萩の花が江戸に秋の気配を告げる頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む浪人、坂崎磐音は身過ぎ世過ぎに追われていた。 そんな磐音が、包平の研ぎを頼んだ鵜飼百助邸… このレビューの続きを見る

続々磐音さん情報の雑誌が発売されてます。 “時代劇マガジン”は我慢できずに手に入れたので、後日感想書けたらいいなぁと “佐伯泰英”は立ち読みました(コラ) 各巻のあらすじの所をうっかり見てしまって、まだ… このレビューの続きを見る

  いろいろあった熱海から無事に江戸に帰り着き、夏も過ぎて季節は秋である。包平も戻り、先だって御用仕事に加わらせてもらったお礼のように品川柳次郎の母から誘われて、寺参り実は萩の寺での宴になったり… このレビューの続きを見る

関連する商品