>
[Amazon] 残花ノ庭 ─ 居眠り磐音江戸双紙 13 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

残花ノ庭 ─ 居眠り磐音江戸双紙 13 (双葉文庫)
残花ノ庭 ─ 居眠り磐音江戸双紙 13 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

残花ノ庭 ─ 居眠り磐音江戸双紙 13

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:28553位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575662046(双葉社)
残花ノ庭 ─ 居眠り磐音江戸双紙 13 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

 おそめってしっかりした子ねぇ(最初の一言がそれか)同い年の幼馴染ならたいてい男の子より女の子の方がしっかりしてくるものだけど、それにしたって幸吉と比べたら雲泥の差だわー。この作家の作品っていっ… このレビューの続きを見る

現時点(8/23)で、「鎌倉河岸捕物控」のシリーズも最新刊を読み終えて、さて、次をどうしようか、という状況。未読の本もあるにはあるのだけれど、佐伯中毒中(笑)の私には、どうにも意欲が湧かず。頭では、あれ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 水温む浅草川を白魚が遡る頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む浪人、坂崎磐音は日々の生計に追われていた。 そんな折、横行する美人局騒ぎで、南町奉行所定廻り同心… このレビューの続きを見る

先日の記者会見の様子、“マイコミジャーナル”で紹介されてます。 何回言ってんだって感じですけど楽しみですね 中越さんのおこんさんって本当にぴったり!! 江戸のちゃきちゃき娘かぁ〜いいですね 江戸・・… このレビューの続きを見る

  旧暦二月の終わりといえば今なら3月末、関東は桜の盛りである。もっとも、ソメイヨシノはまだできていないはず、なので、彼岸桜に枝垂れ桜であるわけで。 出前に行く幸吉、付き添いの磐音の辿る道筋が、… このレビューの続きを見る

関連する商品