>
[Amazon] 夏燕ノ道 ─ 居眠り磐音江戸双紙 14 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夏燕ノ道 ─ 居眠り磐音江戸双紙 14 (双葉文庫)
夏燕ノ道 ─ 居眠り磐音江戸双紙 14 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

夏燕ノ道 ─ 居眠り磐音江戸双紙 14

おすすめ!3.5 [3.5](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:257226位
  • Amazon価格:¥ 4,050
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575662178(双葉社)
夏燕ノ道 ─ 居眠り磐音江戸双紙 14 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.5 [3.5]

 出てきちゃった>徳川家基この子が出てくるとなると、さすがに先が読めるわねぇ。幻の11代将軍と言われ、田沼政治に批判的な若者だったんだけど、鷹狩の帰りに頓死するの。史実で。その死があまりに唐突だったため、田沼意次による暗殺説や一橋治済による暗殺説が後を絶たない。本シリーズでは田沼意次による暗殺説を取っているのでしょうねぇ。そう思って、彼の旅路を読んでいくとどこか物悲しい。

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5)  あらすじ 河岸の柳が初夏の風情をみせる頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音は相も変わらぬ浪々の日々を送っていた。 両替商・今津屋の老分番頭由蔵らと日光社参… このレビューの続きを見る

この間、NHKで放送された“陽炎の辻”のプレマップ もうあれ、だめでしょ・・・素敵すぎるから(笑) 5分くらいしかないけどリピートですよ。 なんだか周りもとっても豪華でびっくり!! 磐音さんを山本さんがど… このレビューの続きを見る

  季節は旧暦4月半ば、全国的にいい気候である。この巻のメインイベント、将軍家治の日光社参もまさにこの時期、行われる。まさに人多すぎで将軍が岩槻に入っても行列最後尾はまだ府内だわ、宿泊先の指定は… このレビューの続きを見る

関連する商品