>
[Amazon] 万両ノ雪 ─ 居眠り磐音江戸双紙 23 (双葉文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

万両ノ雪 ─ 居眠り磐音江戸双紙 23 (双葉文庫)
万両ノ雪 ─ 居眠り磐音江戸双紙 23 (双葉文庫)で自分のブログにレビューを書く

万両ノ雪 ─ 居眠り磐音江戸双紙 23

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:206762位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4575662925(双葉社)
万両ノ雪 ─ 居眠り磐音江戸双紙 23 (双葉文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

 大頭与力笹塚と柳次郎と一郎太がいれば、もう磐音はいなくてもいいと思った。なんかこう・・・最後まで柳次郎に花を持たせてあげても罰はあたらないと思うよ。美味しいところだけを磐音がさらっていったけど。柳次郎、こう見えても笹塚殿の命を救ったのよ?それにしちゃ扱いが軽くない?柳次郎頑張ったのに!

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 師走の喧騒が江戸に漂う頃、筑前若松を発った坂崎磐音とおこんは帰府の途次にあった。 一方、南町奉行所年番方与力の笹塚孫一は、厄介な事態に直面していた。 六… このレビューの続きを見る

もう3月も終わりに近づいてきましたね。。 早い〜 色々読みたい本を春休み中に消化しようと思ったのですが・・なかなかうまく時間がっ! とりあえず久々に居眠り磐音を読み進めました 4月18日スタートの『陽炎… このレビューの続きを見る

 作者みずから「ひと区切り」(読本インタビュー244p)とする23巻である。 物語は笹塚孫一の回想から始まる訳で。南町与力ではあるが、まだ年番方ではなかった6年前の話である。このキャラも役割以上の描写はほ… このレビューの続きを見る

師走の喧騒が江戸に漂う頃、筑前若松を発った坂崎磐音とおこんは帰府の途次にあった。

関連する商品