>
[Amazon] 神経衰弱ぎりぎりの男たち (二見シャレード文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神経衰弱ぎりぎりの男たち (二見シャレード文庫)
神経衰弱ぎりぎりの男たち (二見シャレード文庫)で自分のブログにレビューを書く

神経衰弱ぎりぎりの男たち

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1537249位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4576991140(二見書房)
神経衰弱ぎりぎりの男たち (二見シャレード文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

「観賞用愛人」や「天国が落ちてくる」とは随分違った、ラブコメディ的な作品。 シリアスな部分も多々あり、全体的には良かったと思います。時代のせいなのでデザインや挿絵の質は問わないほうが良いんですかね、や… このレビューの続きを見る

シャレードで(ちょっとハマッてるのです)挿絵が好きだったので買ってみたのですが、思いの外面白かったです。いや思いの外っていっていいのかな(笑) しょっぱなにちょっと驚くと思います。突然主人公記憶喪失… このレビューの続きを見る

タイトルに惹かれて何も調べずに買ったのが敗因です。 悲愴感漂う世間に疲れたおっさん達が蠢いてる話だと信じ込んでまして。 ……大学生!?ぎりぎりちゃうやん! …………………すみません、自業自得です。 ちなみに… このレビューの続きを見る

(「BOOK」データベースより) ある朝、七瀬が目覚めると隣に見知らぬ男が素っ裸で寝ていた!そいつは高槻コンピュータとひそかにあだ名されるほどの医学部きってのデキル奴、かつまた超美形。しかも、七瀬と彼とは… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品