>
[Amazon] 暮らしのなかのニセ科学 (平凡社新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

暮らしのなかのニセ科学 (平凡社新書)
暮らしのなかのニセ科学 (平凡社新書)で自分のブログにレビューを書く

暮らしのなかのニセ科学

3 [3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:91827位
  • Amazon価格:¥ 880
  • ユーズド価格:¥ 443
  • ISBN/ASIN:4582858473(平凡社)
暮らしのなかのニセ科学 (平凡社新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3 [3]

 私がニセ科学の中でもっとも危険性を感じるのが、このEMです。その理由を3つ挙げておきましょう。   ヽ惺擦箚超活動に入り込んで影響力があり、そこでは善意の人たちがEMの普及を担ってしまっていま… このレビューの続きを見る

 大腸内の腸内細菌によって発生するガスは、毎日7〜10リットルとされています。おならとして外部に出るのが2リットルとして、体内に吸収されるのは5〜8リットル、そのうちの10%が水素であるとすると、0.5〜0.8… このレビューの続きを見る

実は水道水の安全性チェックは、ミネラルウォーターよりずっと厳しいのです。水道水の水質は、水道法によって基準値が定められています。(中略)  対して、ミネラルウォーターは食品衛生法で「清涼飲料水」に分類され、水道水に比べて要求される水質基準項目が少なく、基準値も甘くなっています。   JUGEMテーマ:読書  

 ソルビン酸の1日摂取量は先のマーケットバスケット方式で13.6ミリグラム、ADIは25mg/kg/dayで、体重50キログラムの人で1日に1250ミリグラムが許容量ですから、摂取量のADIに占める割合は1.1%に過ぎません。つまり、ソルビン酸が危険だという主張には根拠がないのです。   JUGEMテーマ:読書  

 ドイツの栄養学者ニコライ・ヴォルムは、1998年までに実施された各種の研究の結果を詳細に分析した結果、「減量は絶対に体にいいことが(つまり死亡率が低下することが)、病気との関連で証明されたことは今までに一度もない」と結論づけています。   JUGEMテーマ:読書  

米国の研究結果では、喫煙者などの肺がんリスク者約1万8千人のうち、ベータカロテンとビタミンAを毎日服用した人は、偽薬を服用した人よりも肺がん発生率で28%、死亡率で17%高くなったのです。約3万人を追跡調査し… このレビューの続きを見る