DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 食堂かたつむり - 小川 糸 のレビュー全109件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 食堂かたつむり

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

食堂かたつむり
食堂かたつむりで自分のブログにレビューを書く

食堂かたつむり

おすすめ!3.5 [3.5](109件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:138741位
  • Amazon価格:¥ 1,000
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4591100634(ポプラ社)
食堂かたつむりのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(109件) 3.5 [3.5]

「食堂かたつむり」

21:33:By moji*lib

多少荒削りな面がうかがえるものの、とても素敵な話でした。 ホロリときたり、ヨダレが垂れたり。またたび酒に白ワインをまぜたお酒飲んでみたいです・・・。芥子の実が入ったドーナツも。あたたかい参鶏湯も、ザ… このレビューの続きを見る

ここのところだいぶ涼しくなり・・風邪をひいてしまいそうな気がします 3連休も駆け足で過ぎてしまい。。久しぶりに実家に行って両親との時間を過ごしいつも心配してくれる事に感謝です・・この2冊も家族の… このレビューの続きを見る

(以下 お話の中身に少し触れています)「おいしい料理」の持つ力を再認識させられた。胃袋を掴めば夫は家に帰ってくる、とよく言うけれど本当にそうなんだなあと思えた。物語に登場するたくさんの魅力的な料理に… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

00:42:By Meal Ticket

気になる作家の小川糸の食堂かたつむりを、図書館で借りてきた。 すいすい読めて、私向きの文章だったな。 病気の陽性症状が出はじめた頃に、短編小説を書いて、サイトに投稿したりしていたんだけど、 なんとなく… このレビューの続きを見る

   obiword  失ったもの:恋、家財道具一式、声  残ったもの:ぬか床   「食堂かたつむり」 小川 糸  ずっと読もう読もうして置きっぱなしにいていた一冊。  読んでみて、人間くささが色濃く出… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

23:32:By flowbar

 うさぎの話に涙したのです。 いろいろ失った人が すこしずつ取り戻して でも失ってでも取り戻して という話。 自分が生まれるまでの話とかが若干ファンタジーで ええ??と思わないでもなかったけど そもそも小説だしなっ。 こういう淡々と進む話は嫌いではないので 読みやすく読めました。 映画も機会があればみると思う。

失恋によるショックで心因性失声性になり言葉を失った、このお話の主人公、倫子。 彼女は自分の名前が嫌いだった。 この名前は、彼女の母が付けてくれたのだが、彼女の母はスナックのママで、 ママ曰く、「不倫相手… このレビューの続きを見る

いつかインド人の恋人と飲食店を開く。 そう思って幸せに一緒に暮らしていたのに、 ある日帰ってきたら彼と家にあったすべてのものが消えていた。 家具家電はもとより、長く使えるようにいいものを買った台所… このレビューの続きを見る

3.5

またまた

11:46:By いくつかのはなし

  司書さんのおすすめで ・食堂かたつむり/小川糸 を読みました。 文体好みでした。 けどところどころでてくる単語のなんだかえげつなさにたまにびっくりしつつ笑 でも生きるってそういうことだよね。みたい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 数字がひとつ飛んでるよ、かじこですどもども。えとね、一冊勉強のために読んでいる本があって、それは時間がかかるので、メモなどつけながら読んでいるので前後しますが、先にこちらをアッ… このレビューの続きを見る

ショックで声が出なくなった女性が食堂を開く。 母との確執等、オープンまでにもいろいろあり、 食堂自身も一風変わった営業方法ですが、 そこで彼女が作る料理といったら。 相手に寄り添い、食材の活かし、… このレビューの続きを見る

作るべし。

00:52:By cocciuto!!

会社のプログラマー、ケノービさんとせんこちゃんとお昼ごはんを食べにいったときのこと。 図らずも人生の深い話が展開された。 基本的に、私はあまりそういう話をすることってないのだが、きっと2人の−イオンに … このレビューの続きを見る

ねぇねぇ皆さん、この週末が今月最後の週末だって・・・知ってた? 今月はシャチョーも書くと宣言されたらしーよ! さて、今年映画化され、最近レンタルも開始となったので、 今月はあえて前に読んでいたこの作品… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。突然、同棲していた恋人に何もかもを持ち去られ、恋と同時にあまりに多く のものを失った衝撃から、主… このレビューの続きを見る

食堂かたつむり

22:21:By

泣けるよ!! 映画は見ていませんが・・・・・・柴咲コウの顔を思い浮かべながら 読み耽りました。 泣ける。 小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 JUGEMテーマ:気になる書籍 

前半は、静かにゆったりと流れる時間が心地よい。 ゆったりと流れる時間のなかで、心静かに、美味しい食事をいただくことって、普段の生活の中では、ほとんどないので、想像して勝手に幸せな気分に浸ってました。 … このレビューの続きを見る

 (若干ネタバレ含みます)

 こんばんは 金曜日の夜、いかがお過ごしですか? ふじは一週間の疲れでぐったりです 明日は(今日は)絶対朝寝坊な感じです 今日はしっかり休んで、素敵な週末にしていきましょう 今日、紹介するのは「食… このレビューの続きを見る

吉本ばななを思わせるようなふんわりとした美しい文章 でも内容は幼稚で稚拙かな 食堂かたつむりのお客さんは一日一組限定で、 その人の雰囲気や状況に合ったメニューを決めるために 事前に必ず面接をするという … このレビューの続きを見る

is it fate....????

20:15:By note.

ずっと見たかった500日のサマー。実家に帰る前に京都で見て帰ろうと思って、かなりぎりぎりの日程ながらなんとか見てきました。いろいろ趣向が凝らされていておもしろかったなー。500日を時系列で追うんじゃなく… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

16:50:By 野の花*風

JUGEMテーマ:オススメの本 とても面白かった・・・『食堂かたつむり』という本をご紹介します。 失恋から声を失った主人公が田舎へ帰って食堂を始めます。 そのお料理は食べた人を次々に幸せにして行きます。 … このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

19:23:By くねくね式

ある日家に帰ると同棲していた相手ごと何もかも消えてなくなっていた倫子は、声をなくしてしまいます。 そして、唯一残っていたぬか床とともに苦手な母の元に転がり込み、そこで1日1組だけのお客様を迎える小さな食… このレビューの続きを見る

本まとめ

17:51:By モノ

 林檎と蛇のゲーム 父親の再婚相手っぽい女の人が、父親がいない間家事をやってくれるっていうときに、 近所で殺人事件を目撃した主人公が、再婚相手に「疑われたらいけないから逃げないと!」 ってときに、… このレビューの続きを見る

先週借りて来た【すいか】のDVDを返しに行って、 その続きと、その他2作を借りてきました。 以前から気になりつつ、まだ見てなかった 【西の魔女が死んだ】 【おと・な・り】 実は、【おと・な・り】の方は、先… このレビューの続きを見る

食す。

09:57:By life.

*yashicafLex / FUJI ASTIA 100F / at Tea Holic ( cafe ) 日曜日に、衝動的だったけれど、でも読みたい本を二冊買いました。 その中の一つを昨日、一気に読んでしまいました。 ある山の中にある「食堂… このレビューの続きを見る

神戸のママ建築士みゆうです。 今日は「食堂かたつむり」の話素材の美味しさと愛情の料理・・・フィンタックさんのゆずカスタードはまりました!デザインブログ「before the Rain*」に「縁側の家」をUPしま… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

13:05:By Mama'S Cafe

けっこう前に読んでおもしろかったぁって思ってたら映画化だもんね原作を読んでから映画を観ると何かどこかしら微妙なタッチで原作と違ってたりして・・・原作の方がおもしろいな〜と感じる映画を観ておもしろかっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書   内容紹介 トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。 突然、同棲していた恋人に何もかもを持ち去られ、 恋と同時にあまりに多くのものを失っ… このレビューの続きを見る

出た当時から気になっていた本なんだけど、文庫になったのでいそいそと買ってくる。 映画化になるのね。読んでから初めて知った。 この映画って・・・難しいんじゃないのかなぁ。 でてくる食べ物がおいしそう。 そして、食べてもらうことによって主人公も満たされていく、のかな。 最後は定番、といえば定番な終わり方ですが、すっかりのせられました・・・。

小説はかなりよかった“食堂かたつむり”が映画化。個人的には主演、柴崎コウは意外なキャスティングでした。もっとナチュラルでロハスな、今で言う“森ガール”?なイメージを主人公に描いていたからでしょうか。小説を読み解く中で頭の中で作り上げられたキャラクターが壊されるなんてことは言わずに、映画は映画として楽しめる大人になりたい。2月6日ロードショー。→食堂かたつむり公式サイト

「食堂かたつむり」

19:49:By

 いよいよ「食堂かたつむり」の映画が来月公開。 原作を気に入ってしまうと つい映画館に足がむかなくて だいぶ“ねかせて”からDVDで見たりしてしまうのだけど なんだか これは素直に見れそうな気がし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review 「食べるということは愛することであり、 愛されることである。」  という、spitzの草野正宗さんの 言葉に惹かれて手に取ったのが、 「食堂かたつむり」との出会いです。 お気… このレビューの続きを見る

登場する食材・調理の方法・料理そのものが丁寧に描かれている。 丁寧に描かれた文章を、一文ずつ珍しくじっくりと味わうように読んでいった。 しばらくビジネス本をむさぼる様に読んで来て 食傷気味だった読書… このレビューの続きを見る

 図書館の予約数が多いランキングに入ってたので全然 前評判とか知らずに読んでみた単純におもしろかったょ。主人公が ある日 家に帰ってみると、とんでもないコトが 起こっていて.....それがきっかけで思いが… このレビューの続きを見る

  読んでみて、すごいうほのぼのかと思ったら、 最後はすごく辛くて、目を細めたくなった本でした* でも、人生でこの本に出会えてとっても良かった感 がすごくありましたー^^ なのでGOOD! 重くも… このレビューの続きを見る

 会社の人に借りた。前から気になっていたので。 生きるとか死とか。死がリアル。死を無駄にしない。 料理を素材から手作りするところ、うらやましい。 こういう生活をしたいんだよね。けどなかなか現状は難しい。 手始めに来年の冬は、味噌作りしたい。 料理もところどころ味が想像しがたいものもあった。 それに比べて、料理人だった旦那さんはわかるんだろうなと思い、読むのを勧めてみました。

すごく淡々とした世界に、料理の美しさだけが光る。 あぁ、私たちは毎日たくさんの命を食べて生きているんだなぁ。 当たり前のことをそう思ったり。 ほんわかした本だけど、食べるという根源は生々しい。 ごはん残すなんてできないよ。 追記:映画化されるそうだけど‥柴咲コウのイメージとは違ったなぁ。 うーん。あんなパリっとした美人じゃなくて‥もっとふんわりした人が良かった‥

本の内容: 料理の神様、たすけてください。   ある日料理店のアルバイトから戻ると、家財道具もろとも同棲していた恋人の姿は消え、部屋はもぬけの殻になっていた。衝撃的な失恋とともに声まで失った倫子は、ふ… このレビューの続きを見る

★★★★☆ *あらすじ* 母親との折り合いが悪く、家を飛び出し都会に出た倫子。10年後、倫子は衝撃的な失恋をキッカケに、故郷に戻り実家の離れで食堂を始める。『食堂かたつむり』と名付けられたその店は、お客様… このレビューの続きを見る

ふわふわ、ゆるゆる。 そんな雰囲気がすごくすき。 だけど、もうちょっとかな、というところ。 エピソードとエピソードに関連があれば、 もっとおもしろかったきがする。 連ドラみたいなかんじだったなあ。 あと、インドの恋人も、あとあとなにかに絡めて、 出てきたらよかったなあ。 喋々喃々はまだよんでないから、 ほんやさんいこうかしら。

 食堂かたつむりの本を読んで涙が出ました。生きることの大切さ命の尊さ、重さ、大切さすべての人に一度は読んでほしい本だと思います。読み終えたら命の重みがすっと体に染みた気がします。

3.5

食堂かたつむり

21:14:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書

3.5

食堂かたつむり

22:50:By 人魚の本棚

 小川糸さんの作品はこれで2作目。最初は「蝶々喃々」。文章とお話としては蝶々より良かったと思う。清々しく綺麗なおはなし。料理をするシーンがとてもかわいらしくて素敵。料理をする素材まで大事にする表… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

18:07:By 白い本棚

小川糸の小説です。 歌手の「スピッツ」ファンの女の子に薦められた本です。 本の帯にスピッツの草野マサムネさんの推薦の言葉があったから買ったそうです。 草野さんはデザインなどの芸術が得意なので、 草野さん… このレビューの続きを見る

久しぶりに小説を読んだ。 小川糸さんの作品を読むのは初めて。 イメージと違った。 もっとかわいいだけの内容かと思ってた。 JUGEMテーマ:小説全般 

3.5

まだ枯れ葉色の景色

14:33:By good-day.

 日曜だって朝5時半には目覚めてしまう。 3時半ごろから裏の木でスズメがチュンチュン。おまけに震度1の地震@1分間 天気がいいよ。空気は冷たいけれど確実に春は来ている。 きのう今日あたりでタイヤ交換… このレビューの続きを見る

豚舎のドアには、大きく「エルメス」と書かれた表札が打ち付けられていた… 【あらすじ】 ある日料理店のアルバイトから戻ると、家財道具もろとも同棲していた恋人の姿は消え、部屋はもぬけの殻になっていた。衝撃… このレビューの続きを見る

  ちょっと期待しすぎたかな・・・というのが率直な感想。 面白くないわけではない。 でも・・・。 初期のよしもとばななさんを思わせる文体は、意外にも好感が持てた。 読みやすいし、ストーリーとしても面… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 小さな町に。。。

3.5

食堂かたつむり

21:33:By

ずっと気になっていた本です。 表紙の色合いや表題デザインとか好みで ずっと買いたかったのだけど、 ある時、何かの批評欄で辛口コメントが 書いてあったのを発見してしまって、 それ以来、すっかりと購入意欲が… このレビューの続きを見る

はい、明日からちょっと出かける森宮です。ケータイからブログが見れなくなってしまったので、コメ等にしばらく気づかないことがあるかもしれませんが、必ずお返事はしますので!!! ・「食堂かたつむり」 >好感… このレビューの続きを見る

商品レビュー 本

22:47:By 率爾

食堂かたつむりを読みました。 結構前から本自体は目にしていて、「読みたいな」とは思っていたのですが、お高いじゃありませんか! これが一般的な値段ですが、私は文庫本ばかり買っていたので、そう思ってしまっ… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

23:26:By 君と日々

JUGEMテーマ:オススメの本 失ったもの:恋、家財道具一式、声 残ったもの:ぬか床   ふるさとに戻り、メニューのない食堂をはじめた倫子。   お客は一日一組だけ。   そこでの出会いが、徐々にすべて… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり。

13:28:By 愉快

JUGEMテーマ:読書  失恋してぬか床以外何もかも失った女性が、 一念発起して生まれ育った田舎町で食堂かたつむりをオープン。 その食堂に訪れる人々との料理を通しての心温まる交流。 また、食堂が軌道に乗る… このレビューの続きを見る

食堂かたつむり

00:54:By

都会になくて、田舎にあるもの。 時間? でも時間って、どこにいても同じだけあるから。。 無駄な時間 一見無駄と思えるような時間。 都会だとタクシーワンメーターで移動している距離を 歩く 都… このレビューの続きを見る

無性に本が読みたくなったので、ブックオフで3冊、普通の書店で2冊買いました。ブックオフでずっと読みたいと思っていた『食堂カタツムリ』を見つけてゲット。表紙のデザインがものすごく好みだったりします。タイ… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

15:59:By GOLDEN SLUMBERS

ずっと読んでみたかった食堂かたつむり 怒涛の展開から始まり、のんびりと終わっていく感じが読んでいて心地よかったです 恋人に逃げられ、文無しで実家に帰り、そこから夢を作り上げていく話です メニューの… このレビューの続きを見る

今日のお題はこれじゃ↓ 2008年おすすめ小説ベスト3を大募集! アルバイト先から帰宅すると、恋人と築いた愛の巣はもぬけの殻。。。 失恋のショックで「声」を失った主人公「わたし」が ただ一つ残された「… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 だいぶ前に読んだ本なんだけども、 地元の飲み仲間 "おやじ"に借りて読んだ本。  思っていた以上にとってもよかった。 私も料理はわりと好きです。 休みの日は家で、土日は彼んちで 料理したりするのだけども、 でも、料理する人じゃなくても、 たくさんの人に読んでほしい本だと思う。 そしてMYぬか床を持ちたくなった(笑)。

 最近はなかなか落ち着いて(気分的に)読書する時間を持ててません月に数冊が限度で(^^;タイトルが、装丁がなんとはなしに気になっていて装丁の色の加減がなんとも好きほわわーんとしたあたたかな感じの物語と想像していたのですが、確かにそういう話の部分もあります

秋になると、なぜか 本を読みたくなりますね。 イラストのイメージで借りたら、 なんだか、意外なスタート意外なおはなし。 とりあえず、ものすごくおなかがすくかも。 丁寧な料理にあこがれるかも、と思った。 なんでも最低限の調理道具でつくれたら、 これはしあわせかもなー。

JUGEMテーマ:読書 他の方のレビューを見ると 厳しいご意見もありますが、 個人的に 私は好きでした。 料理好きな人は 小説ではあまり見られない ル・クルーゼ、バーミックスなんていう … このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

19:59:By Make IT!

さらっと読めていいけど、 読んだ後心に残るものがなかったような気がします。 もしかすると、 落ち込んでいるときに読むと心にしみるのかもしれない。

内容紹介 料理の神様、お願いします――衝撃的な失恋のあと、倫子は故郷に戻り実家の離れで食堂を始める。ある噂とともに店は評判になるが。 家、家財、声──全てを失って、はじめたのはメニューのない食堂。三ツ星新人作家登場!心もおなかも温まる、読んでおいしい物語。 人を癒すおいしそうなお料理もステキ。 後半はボロボロ泣きながら読みました。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜

3.5

食堂かたつむり

05:31:By chiffon.

I found small things are the most important in many times. It's not a special thing. I was forgetting it. And I want to live with very important things forever.

 ある日、倫子が仕事先から帰ってみると、家の中のものはすべてなくなり、同棲相手のインド人もいなくなっていました。いつか二人でお店をやろうね、と約束を交わしたインド人の恋人です。  失ったものはもう一… このレビューの続きを見る

本、読んでないなあ… それもこれも、検定だのなんだので学校に金を巻き上げられているからです。もう文庫本を買う余裕すらないので図書室行って本を借りてきました。 昭仁さんが推薦文書いてたんで読みました(… このレビューの続きを見る

-------------------------------------------------------------------------------- 人それぞれですが… ワタクシには辛くて完読のしんどい話でした…

いまさらだけど、『食堂かたつむり』。 元は作詞家として活動していた、小川糸さんの本。 恋人に、祖母から受け継いだ「ぬか床」以外全て持ち逃げされ、声を失った倫子が メニュー無し、お客様は1日1組だけ… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

19:38:By

JUGEMテーマ:読書 読む前から評価が真っ二つに分かれていたので、嫌な予感はしたんだけど(笑) 小説というよりおとぎ話な感じ。 料理の描写は丁寧で、読んでるだけでヨダレものなんだけど、イマイチ現実味が … このレビューの続きを見る

食堂かたつむり

15:54:By

書店でもりもり積んであるのを見て興味を持ち、 新聞の書評を読んで買った1冊。 都心で恋人に家財道具一式を持って逃げられた主人公が、 唯一残されていたぬか床と一緒に帰省して、 そこで1日1組限定の食… このレビューの続きを見る

笑顔と

10:28:By ぱるちゃんぶろぐ

よみたいなと思っていたらhiroさんがサイン入り本を貸してくれた。 家まで待てずに電車の中で読み始め、その夜一気に読む。 そして、優しい気持ちになる。 帰る場所がある(地元も含めて)って強い。 恋人(… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

16:18:By ゆっぴー

まだまだ話題の1冊なんではないかなあ? とてもよかったです。

食堂かたつむり

00:55:By Purple*Apple

ポルノグラフィティの岡野さん、スピッツの草野さんの帯から、 食べること、その食べ物の大切を教えてくれる本なんだろうなぁと 思いながら読み始めました。 そうだと思っていたからなのか、最初から展開にビ… このレビューの続きを見る

読み終えました食堂かたつむり。 最後がもう感動しました。 号泣ではなかったのですがうるうるきちゃいました。 料理好きには堪らないかもしれません。 料理のことがまったくわからないので、調理している場面… このレビューの続きを見る

 

3.5

食堂かたつむり

09:53:By 日向日和

1ヶ月ほど前に「暮らしの手帖」で商品紹介があり、題名のかわいらしさと 「食堂」という響きで購入しました。 ---------------------------------------------- 同棲していた外国人の彼氏に家財道具全てと… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

22:35:By 空の雫

料理の神様、お願いします――衝撃的な失恋のあと、倫子は故郷に戻り実家の離れで食堂を始める。ある噂とともに店は評判になるが……。

付き合っていたインド人の彼氏に、おばあちゃん直伝の「ぬか漬け」だけを残して 一切合財持ち逃げされた倫子は、長い間疎遠になっていた「おかん」のもとを訪れ、 食堂をはじめることを決意する・・・。 物語… このレビューの続きを見る

インド人の恋人に荷物を持ち逃げされ一文無しとなった倫子は 唯一残されたぬか床だけを持って実家へと戻ることに。 ホステスを営み愛人のいるおかんは嫌いだけれどどうしようもないので お金を稼ぐために家の物… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

15:09:By ゆっぴー

前に出版されている本dすが、TVで見かけたので読んでみっよ!

次に挑戦してみる本はこれ。 目覚ましテレビでもなんかやってたから面白いのかな? 今は課題に追われるので読めませんが、終わったらすぐに読み始めるつもりです。

以前読んだ時のブログですが・・・ 今は、家族が読んでます・・・ 食堂かたつむり 王様のブランチ、読売新聞で絶賛されていて購入しました。 食堂かたつむりを読んでみて、表現が分かり易く、イメー… このレビューの続きを見る

3.5

苦手なこと

00:44:By caliblog

本を買うことが昔から苦手です。 とくに文字のやつ。 本も好きだし本屋さんも好きだからよく行くけど、 文庫本一冊買うのもすごい時間がかかってしまうくらい気軽に買えない。 同じ1000円の買い物でも、そ… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

22:55:By 今日の一冊

バイトから帰ると、恋人も家財道具も貯金も全部消えていた−残ったのは祖母の形見のぬか床だけ。しかもショックからか声も出なくなっていた。母親の財産をこっそりもらおうと10年振りに戻ったふるさとで、そのまま食… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

19:08:By 樹木の陰で

テストが明けて、さっそく放課後図書室に寄り、前々から狙っていたこの「食堂かたつむり」をGET! 一気に読んでしまいました。 不覚にもラスト、ちょびっと涙・・・。 主人公の感情に移入して、「おかん… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

18:38:By 蜜色日和

ずいぶん前に買ったんですけど、やっと読み終えました。 いやー、読みだすと止まりませんでしたね。 なんか、泣けるシーンがいろいろ詰まってます。 動物好きな私としては、胸詰まる思いで読んだ部分もあります… このレビューの続きを見る

食堂かたつむり

18:01:By ぶくわむ

思っていたのとちょっと違う話でした。 食堂、て字面の雰囲気で、がやがやと集まったお客さんと、喋れなくなった主人公との交流、みたいなのを想像しておったのです。 本編は…一日に一組だけ、のすこし変わった… このレビューの続きを見る

失恋し何もかもを失った主人公が、故郷に帰り険悪な仲の母親から借金して食堂を始める。 一日一組限定の食堂かたつむり。生きてく為、母親の借金を返すための働かないといけないらしいが、一日一組で商売として成… このレビューの続きを見る

 私は洗い立ての手のひらで、それらの食材にそおっと触れた。そして、生まれたばかりのちいさな命を慈しむように、ひとつひとつ、両手で持ち上げては顔の近くまで抱き寄せて、目を閉じたまま数秒間、食材達と言葉… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

23:00:By KOBAKOBA日記

「食堂かたつむり」という名前に惹かれ読んでみることに。 恋人のインド人と同棲していた「倫子」。ある日、帰宅すると部屋の中は空っぽに。 唯一残っていたのは、祖母の残してくれたぬか床の入っている壺だけ。 … このレビューの続きを見る

料理の神様、たすけてください。 ある日料理店のアルバイトから戻ると、家財道具もろとも同棲していた恋人の姿は消え、部屋はもぬけの殻になっていた。 衝撃的な失恋とともに声まで失った倫子は、ふるさとに戻… このレビューの続きを見る

やさしい気持ちになれる本でした。 わりと出てくる人みんな強烈なキャラなんだけど、話は淡々と進んでいくので普通に読めた。 読破時間:40分

JUGEMテーマ:小説全般 ふるさとに戻り、メニューのない食堂をはじめた倫子。お客は一日一組だけ。そこでの出会いが、徐々にすべてを変えていく。(帯より)

食堂かたつむり

00:38:By matomemo

やっと読み終えました。 もうお腹が空いてるときは読んじゃ駄目!(笑) いやーすごくよかったです。 まぁ、とにかく最後まで一度読んでみて下さい。 最後泣けます。

3.5

食堂かたつむり

18:37:By クロ屋24691

ふるさとに戻り、メニューのない食堂をはじめた倫子。 お客は一日一組だけ。 そこでの出会いが、 徐々に全てをかえていく。 人間でも動物でも同じ重さの命を毎日まいにち食べて 私達は生きていて、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 この本の特徴は、なんといっても、次から次へと繰り広げられる、料理の数々! それも、素材を収穫するところから始まる、手の込みよう・・・。 素材一つ一つを慈しみながら料理する、その手順… このレビューの続きを見る

今日本屋さんで見つけた一冊。 ちょっと気になってます。 なんだか面白そう♪ ポチっとお願いしま〜す♪ ↓↓↓

こころがささくれ立ったとき、ちょっとやさしい気持ちになりたいとき おすすめの作品です。 たしかに、ちょっと都合よくストーリーが進んでいくきらいはあるけれど いじわるな見方をすれば、きりがないけれど… このレビューの続きを見る

食堂かたつむり

20:07:By duffer日記

可愛らしい装丁もなかなかいい雰囲気を出していますが、やはり内容が「素敵」という言葉がぴったりと当てはまる。のどかな山間の雰囲気や料理の描写がよく伝わってきて、「料理で人を幸せにする」という事の素晴らしさを感じた。また、日頃料理をしてくれている人はどんな感情を込めて作ってくれているのかと思うと感謝せずにいられない。料理は愛だね。

食べ物が出てくるお話が読みたい! というわけで、いろんな書店でごり押しされてるこちら。読んでみました。 恋人に逃げられて主人公に残されたのは料理だけ…。 言葉もなくしてしまった主人公が料理を通じて他者… このレビューの続きを見る

食堂かたつむり

13:49:By YOU&I

装丁に惹かれて買ったんですが ものすごく心が温かくなりました 人間は食べるために植物も動物も当たり前のように殺してしまいますが それらに「ありがとう」を言いながら食べなければと思いました もちろん… このレビューの続きを見る

「食堂かたつむり」(小川糸) 3月に「王様のブランチ」で紹介されて評判になった本ですね。 恋人と別れて同時に財産と声も失った主人公が、折り合いの悪い母親のいる実家に戻り、1日にたった一組のお客さんの… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

20:52:By セミコロン

ポルノグラフィティの岡野さん、スピッツの草野さんの帯から、 食べること、その食べ物の大切を教えてくれる本なんだろうなぁと 思いながら読み始めました。 そうだと思っていたからなのか、最初から展開にビ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久々にすっごく素敵な本に出逢えました◇◆ 奏子は食べることが大好き! 食べてるときはすごく幸せだし、心も満たされます。 そんな奏子が食べることにおいて最も大事だと思っているのは 『… このレビューの続きを見る

この本は、「いただきます」の意味がわかる本。 目の前にある食べ物に、素直に感謝できる気がするよ。 食べることは、生きることである。 食べることは、尊いことである。 淡々としていて、やさしい。 でも、忘れちゃいけない現実を教えてくれる。 今、わたしは、いのちをいただいて、 命をつないでいるんだよなぁ。

ポルノグラフィティの岡野さん、スピッツの草野さんの帯から、 食べること、その食べ物の大切を教えてくれる本なんだろうなぁと 思いながら読み始めました。 そうだと思っていたからなのか、最初から展開にビ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介 表紙のかわいさで手にとった本です。 そして帯で『食べること』の物語だと知り、購入しました。 主婦なので、毎日料理をすることが当たり前ですが、 単調になったり、 面倒になった… このレビューの続きを見る

3.5

食堂かたつむり

19:32:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 ある日料理店のアルバイトから戻ると、家財道具もろとも同棲していた恋人の姿は消え、部屋はもぬけの殻になっていた。衝撃的な失恋とともに声まで失った倫子は、ふるさとに戻り、実家の離れで小… このレビューの続きを見る

関連する商品