>
[Amazon] 夜情にゆだねて (花丸文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

夜情にゆだねて (花丸文庫)
夜情にゆだねて (花丸文庫)で自分のブログにレビューを書く

夜情にゆだねて

おすすめ!3.3 [3.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1629695位
  • ユーズド価格:¥ 9
  • ISBN/ASIN:4592874617(白泉社)
夜情にゆだねて (花丸文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.3 [3.3]

冊数こなしてるだけあって文は読みやすいけど、どっかで読んだようなお話。展開がありきたりで読んでいくうちにもうどうでもよくなってきました…涙 ヤマダサクラコの絵はとってもエロっちぃ!(褒めてる) タイトルの意味はよくわかりません

あらすじ。 大手出版社の編集者である篠原遼路は、急遽不本意ながら故郷の金沢へ戻った。 兄の雄平が駆け落ちして父が倒れたため、期間限定で家業の老舗温泉旅館の主人となったのだ。 不慣れな着物姿で旅館の若旦那業に苦労する遼路へ、若き料理長の鬼嶋龍司は何かと辛く当たる。 料理の腕は一流だが傲岸な鬼嶋を苦手に思いつつ、遼路は彼にかつての恋人の面影を見出してしまっていた…。 感想↓

つつがなく面白かったです^^勉強になりました…。 最初受けの人と攻めの人の会話がすごく喧々としてるんだけど、いや主に攻めの方が受けに一方的に非好意的なのか。なんですけど、その時点で私だったら戦闘モ… このレビューの続きを見る

温泉旅館+和服+メガネもの(おい) 若旦那と板前って新しいな!! ちょっと火曜サスペンス劇場・若女将奮闘記みたいですよ…!! いや、ほんとに割とそういう感じで読んだ…。 意識しないと秀さんの話だとい… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品