>
[Amazon] 原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―
原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―で自分のブログにレビューを書く

原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―

3 [3](2件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:196444位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4750335169(明石書店)
原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(2件) 3 [3]

を読みました。日曜日の午後、一気に通読しました。題名から察せられるとおり、原発事故後のネット上も含めた色々な言説についての分析。その中でも筆者が「東大話法」と呼ぶのは、当事者であるにもかかわらず傍観… このレビューの続きを見る

内容紹介 福島第一原発事故に大きな衝撃を受けた著者は、その後の国や 東京電力の対応、そして一般の人々のふるまいに唖然とする。 いったい原発で何が起こっているのか、事故はどの程度のものなのか。 放射能… このレビューの続きを見る