DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 八朔の雪―みをつくし料理帖 - 高田 郁 のレビュー全35件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)で自分のブログにレビューを書く

八朔の雪―みをつくし料理帖

おすすめ!3.8 [3.8](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:1337位
  • Amazon価格:¥ 259
  • ユーズド価格:¥ 109
  • ISBN/ASIN:4758434034(角川春樹事務所)
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.8 [3.8]

満を持してNHKでドラマ化が決定したご存知作者の代表シリーズの第一弾。 苦労をしながらも成功を収めるであろう一人の女性の奮闘記と言えば簡単であるが、作者特有の細やかな描写が読んでいて頗る楽しいことが… このレビューの続きを見る

高田郁さんの「みをつくし料理帖」・・。 大好きな本なんです!! 全巻揃えて、読んで、今は飾ってます! 本棚の一番いい位置で今でも存在感アリアリです!   実はこの作品、テレビ朝日でドラ… このレビューの続きを見る

3.8

八朔の雪

06:31:By リリィの読書記録

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いなが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本『ごちそうさん』見てます。『あまちゃん』で朝ドラデビューして毎日にこんな潤いが! 朝起きる楽しみが!と生活の変化に驚いています。私自身、両親が大阪人で私は東京生まれの東京育ち… このレビューの続きを見る

3月に読んだ本。常田佐久著「太陽に何が起きているか」文春文庫この本とってもおもしろかった。太陽について知らないことだらけ。自転の速度が太陽の部分によって違うとか、西と東が地球と反対(詳細不明)とか、… このレビューの続きを見る

 故郷の大阪で幼いころに両親を亡くした澪。江戸で「ご寮さん」の芳とふたり肩を寄せ合って暮らす彼女は、蕎麦屋の「つる家」で働いていた。ある日、店主の種市からはじめて料理を任される。上方料理を作った澪だ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  評価 ☆☆☆☆☆ 時代小説は苦手な私でもサクサクと読めました。 時代背景はあまり気にせずに読めるストーリーです。 ベタでお約束な展開だけど、人情や主人公の奮闘する姿に心打たれました… このレビューの続きを見る

新しいパソコン(ですくとっぷ)のキーボードの位置が気に入らない!なんかもうちょっと角度がほしいんだよね。 おはようございます。今日も朝から大泣きの息子を預けてきました〜ついでにお気に入りのおもちゃ… このレビューの続きを見る

『本の雑誌』で→Click!おすすめ時代小説20傑の 江戸のグルメ小説として紹介されていた『みをつくし料理帖』シリーズ、 1冊目『八朔の雪』読了。 装丁の絵の女の子が主人公なのだなとわかるけど、 眉毛が下がっ… このレビューの続きを見る

時代小説を読むのは初めてだったけど、 読みやすいしおもしろい。 澪も周りの人もみんな良い人。 読みながら、何度か涙してしまう。 みんなの気持ちが優しくて。 そして澪の作る料理がとてもおいしそう。 努力を重ねて見つけた味。 つる家に行ってみたい。 JUGEMテーマ:小説全般 

引用 神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大阪と江戸の味の違いに戸… このレビューの続きを見る

帰省したときに「暇じゃ!なんか本貸してくれ!」と母に借りて読み始めました。 江戸時代、女料理人として成長してゆく澪の物語。 料理うまそー 人と人の出会いあったかいー と思ってたらええかんじにラブが出てきて私よろこぶ(^∀^) 現在4巻目を読んでおります。

3.8

オモロー

08:05:By レオパレスなう

妹に紹介されたこの本。   おもしろかったー 昨日の夜読み始めて 途中で彼氏の寝る時間がきてしまったから うずうず読みたい気持ちを抑えて 寝ました。 今朝彼氏に渡すおにぎり作って 6時に送り出して そこ… このレビューの続きを見る

 時代小説ランキング1位の人気小説・・・はまってしまいました♪シリーズもので、料理を主題にしています。一人の娘、澪が日々苦難を乗り越え、周りの人たちに支えられながら料理を作り、自分の人生を切り開い… このレビューの続きを見る

先日 父と 時代小説で美味しいもののでてくる本の話をしていたら藤沢周平や池波正太郎 山本一力の名前があがりました。その後本屋さんでたまたま手にとったのが本書。大坂生まれの澪。艱難辛苦を乗り越え江戸の… このレビューの続きを見る

八朔の雪

15:04:By にき

 レビュー読んでて、「出てくる料理がおいしそう」というのに惹かれて読んでみました。 ▼簡単にあらすじ 江戸にあるお蕎麦屋さん「つる家」で働く澪。 大阪出身の澪は大阪と江戸の味の違いに悩みながら、 故郷… このレビューの続きを見る

3.8

八朔の雪

12:10:By 白い本棚

「はっさくのゆき」と読みます。 高田郁(たかだかおる)と読みます。 久しぶりに良い小説を読みました。 江戸時代の料理屋の話です。 波乱万丈の運命を背負った、 味覚の優れた女の子が、 店主が死んで潰れた店… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大阪と… このレビューの続きを見る

天災で孤児となった主人公の澪が人情に支えられながら、まっすぐな心根と努力と才覚で料理の才能を花開かせていく様子が、読んでいて小気味いい。 生き別れになって遊郭に売られた幼馴染の野江ちゃんとの心のやりと… このレビューの続きを見る

災難にあって江戸に逃れてきた澪。 蕎麦屋で働くが江戸と上方の味や水は違って・・・とまどうばかり。 そんな澪が周りの人に支えられてすこしずつ成長していくという時代小説。 最初、芳さんとは?とか思うのです… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 天才的な料理の腕前を持つ主人公 澪が、周囲の暖かい人々に支えられながら 悪戦苦闘しながら成長していく、人情話。 それぞれ抱えているものがありなが、強くいている姿に 段々とのめり込んで… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大阪と江戸の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 友達の日記で見掛けた1冊である。 ■ [mixi] olliさん | オススメ 江戸の街で上方料理を出すお店にて、 腕を振るう澪(みお)が主人公。 故郷の大坂で天涯孤独の身となるも、 江戸と大坂の違いに戸惑いながら研鑽を重ねる物語。 料理を描くシーンがどれも美味しそうで、 見たこともないのに、涎が垂れてくる程。 これは素敵な小説です。

江戸時代の庶民の暮らしが舞台の連作短編集。  両親を天災でなくし、お世話になった料理屋も不幸が重なり。 新たな小料理屋でも、いろいろな事件があって。 山あり谷ありを地で行く感じの澪の人生ですが、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 新聞や本屋さんで高評価の「八朔の雪」を読んでみました。 ひっさしぶりに夢中になって読んでしまった!それくらいおもしろかった〜。 表紙だけ見て、娘が「料理本?」て聞いてきたんだけど、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  みをつくし料理帖、既刊三冊「八朔の雪」「花散らしの雨」「想い雲」、読了。主人公、澪の料理に対するひたむきさと、彼女と、彼女を取り巻く人たちのやさしさと思いやりの深さ、そして実ることのない淡い恋心が、情緒あふれる江戸を舞台に、きれいに描かれています。次作も楽しみです。

JUGEMテーマ:読書 

今日、お風呂で読んだ本が抜群によかった。 わざわざカテゴリまで作ってご紹介。 会社までチャリ通勤な、reme。 そうすると、全然!電車に乗りません。 そうすると、全然!本を読まなくなるのです。 驚きましたね… このレビューの続きを見る

高田郁著(ハルキ文庫)。 時代小説人情系。 気分がやさぐれてる時に読むといいかも。 明日から、少しだけ他人様に優しくしてみよう、と思えるかも。 あと、 お腹がすいてる時に読むのもいいかも。 今から、美味しいご飯を食べに行こう、と腰を上げるかも。

  aytsに借りて読んだご本。

久しぶりに人にすすめたい本にめぐりあったよー。 これはジャンルは何?時代ものっていうのかな? 別に冒険や推理やファンタジーの要素があるわけじゃないのに、 なんかツボにはまりました。ほわわんとする。 出てくる料理も美味しそうで、作ってみたくなりますなぁ。

最近、相方との好みが重なるジャンルができた。それが時代小説。そもそもが、読まなかった相方なのに、ここのところ宇江佐氏の作品を読み出した頃から、時代もの、特にお料理をおいしそうに表現している作品を購入… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書出入りのネットの読書掲示板で勧めてもらって読んだ本。大阪から江戸にやってきた澪(みお)は、水害で親を亡くし、大阪の料亭に引き取られてそこで料理修業をしながら育った。しかし火事で… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文 数ヶ月前に新聞広告で見かけて、Amazonのレビューが概ね好評だったので読みたかった本です。図書館に予約してから何ヶ月待ったでしょうか?ようやく読めました。読んでよかったです。僕は… このレビューの続きを見る

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。 店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大阪と江戸の味の違いに戸惑いなが… このレビューの続きを見る

関連する商品