DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 花散らしの雨 みをつくし料理帖 - 高田 郁 のレビュー全22件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 花散らしの雨 みをつくし料理帖

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

花散らしの雨 みをつくし料理帖
花散らしの雨 みをつくし料理帖で自分のブログにレビューを書く

花散らしの雨 みをつくし料理帖

おすすめ!3.9 [3.9](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2039位
  • Amazon価格:¥ 617
  • ユーズド価格:¥ 357
  • ISBN/ASIN:4758434387(角川春樹事務所)
花散らしの雨 みをつくし料理帖のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.9 [3.9]

シリーズ第二弾。舞台を九段坂に変えてのつる家での奮闘が描かれる。このシリーズは表題作だけでなくどの話もクライマックス的な感動を呼ぶ作品であり、妥協や息抜きを読者に許さないところが評価を高めている要因… このレビューの続きを見る

元飯田町に新しく暖簾を掲げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。だが、丁度同じ頃、神田須田町の登龍楼で、澪… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 花散らしの雨 / 高田郁(角川春樹事務所) 評価 ☆☆☆☆☆ 「みをつくし料理貼」シリーズの第2弾。基本、歴史モノは苦手な私ですが、このシリーズは読み進めるのがもったいないと感じるほ… このレビューの続きを見る

昨日ひさしぶりに包丁を研いだんだけど、もう刃がかなりボロボロで、かなりがんばらないときれいな包丁にならないっぽい。時間もだけれど研ぐ技術が全然足りない。買った時の切れ味はすごかったなあ。高田郁著「花… このレビューの続きを見る

 新しい人たちと縁を結んだ、再出発の二巻目。今回もよかった……!  表題作と「一粒符」が特に好き。特に太一ちゃんのことは気になっていたので、本当によかったなあ……と。りうさんの「快い食事の場」に目からウ… このレビューの続きを見る

みをつくし料理帖

18:25:By にき

前に読んだみをつくし料理帖の続き、 花散らしの雨、想い雲、今朝の春、小夜しぐれ、心星ひとつまで 一気に読んだ。 1、2、3巻も大変だったけど 4巻から急に話が動き、 5巻の種市さんの話で大泣きした。 4巻… このレビューの続きを見る

江戸のグルメ小説『みをつくし料理帖シリーズ』 2冊目『花散らしの雨』読了。 とにかく読んでると和食が食べたくなる。 そして、台所に立ちたくなる。 江戸と大阪の食事情が、 こんなにも違うものかと驚くば… このレビューの続きを見る

内容紹介(引用) 元飯田町に新しく暖簾を揚げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。だが、丁度同じ頃、神田須… このレビューの続きを見る

 みをつくし料理帖シリーズにはまってしまっています。現在第六弾まで発売されており、まだまだ先が楽しみです♪花散らしの雨 でもおいしそうな料理が多数出てきて、和食がとても食べたくなる今日この頃です。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  元飯田町に新しく暖簾を揚げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。だが、丁度同じ頃… このレビューの続きを見る

みをつくし料理帖シリーズ2冊目。 おもしろい。 料理を通して人間模様、江戸の料理・・・ と、色々なことを教えたり摩擦があったり温かい気持ちになったりとストーリーは進んでいきます。 新しい登場人物も増えまし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 女料理人、つる屋の澪を主人公とする時代もの連作短篇集「みをつくし料理帖」の第2弾です。 付け火で消失した後、元飯田町に移転し新たに開店した「つる家」澪と芳は金沢町の長屋から元飯… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 前作に引き続いて読んだ1冊。 ■ 八朔の雪―みをつくし料理帖 | D.I.'s Memorandum 少しずつ順調に育っていく「つる家」と、 その料理人澪と、その仲間の成長が頼もしい。 相変わらず、紹介される料理が美味しそうで、 まだ見たこともない料理にも関わらず、 唾を飲み込んでしまうのは何故だろう?

「忍び瓜」です。一般的には中華風キュウリの甘酢漬けといったところでしょうか。 江戸を舞台にした時代小説「花散らしの雨 みをつくし料理帖」(高田郁)の中に出てくる料理で、誤ってきゅうりを茹でてしま… このレビューの続きを見る

読み始めました

13:10:By

 なんやかんやで1巻を読み終えるのに時間がかかっちゃった。 それは読みづらくて進まないんじゃなく、私の問題。 2巻ものっけから問題勃発。 あー、どうなるんだろう。 早く続きを読みたいところだけど、今日はこれからお出かけ。

新キャラも登場し、相変わらず賑やかな澪の周辺。 今回はライバル店からの嫌がらせは一段落して、澪の周辺そのものに 問題が起こる感じです。 でも、どれも暗くならず、みんなの人の良さで明るい雰囲気でお話は進みます。 だんだん恋愛要素も入ってきて、これから先が楽しみです。 忍び胡瓜、作ってみたいな。 

JUGEMテーマ:読書日本から知り合いの方が送って下さった二冊。一巻「八朔の雪」を読んだのが昨年九月である。これも普段出入りしている読書掲示板で勧めてもらって読んだのだが、しみじみとしたあたたかい文体、ひ… このレビューの続きを見る

 aytsに借りたご本第2弾。『八朔の雪』の続編でございます。

久しぶりに人にすすめたい本にめぐりあったよー。 これはジャンルは何?時代ものっていうのかな? 別に冒険や推理やファンタジーの要素があるわけじゃないのに、 なんかツボにはまりました。ほわわんとする。 出てくる料理も美味しそうで、作ってみたくなりますなぁ。

JUGEMテーマ:読書 幾多の苦難を乗り越えて、真摯に料理にむかう澪さんが健気です。

JUGEMテーマ:読書感想文 Amazonでも、イメージ画像がないくらい、発行されたばかりの「みをつくし料理帖」の第2弾です。第1弾の「八朔の雪」を読んで”ガッツリ”はまってしまってしまいました。ゆえに、とっても久… このレビューの続きを見る

期待していた、みをつくし料理帖の二作目。とても好きな作品なので、早く読みたい気持ちを抑え、大事にゆっくり読みました。最後から言ってしまうと、まだまだ続きがある終わり方ですね。恋をしなくちゃいけないし… このレビューの続きを見る

関連する商品