>
[Amazon] はじめての人のための3000円投資生活

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

はじめての人のための3000円投資生活
はじめての人のための3000円投資生活で自分のブログにレビューを書く

はじめての人のための3000円投資生活

3.1 [3.1](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:1214位
  • Amazon価格:¥ 1,100
  • ユーズド価格:¥ 103
  • ISBN/ASIN:477620911X(アスコム)
はじめての人のための3000円投資生活のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.1 [3.1]

JUGEMテーマ:ビジネス書   資産運用をしようにも、何からはじめたらいいのか、、、と迷っていたら、この本に出合う。   なるほど!!ノーロードのインデックスファンドか!!と納得し、 … このレビューの続きを見る

同じ為替リスクととって、資産の一部を外貨で運用したいというのであれば、外貨預金よりも、証券会社が扱っている外貨建てMMFがおすすめです。   JUGEMテーマ:読書  

「使うための貯金」であれば、銀行の普通預金と同じように利用できて利回りがいいMRFでの運用も考えよう。   JUGEMテーマ:読書  

私は、できればローンを返しながら、無理のない範囲で投資も行ったほうがいいと考えています。 (中略) 超低金利の時代、住宅ローンはすぐに返さなくてもいい。   JUGEMテーマ:読書  

インデックスファンドは手数料が安く、利回りが少ない代わりにリスクも低い。 複数のインデックスファンドを組み合わせて買うことで、更にリスクを分散させることができる。   JUGEMテーマ:読書  

イチオシ! 「世界経済インデックスファンド」 (三井住友トラスト・アセットマネジメント) これ一つで、世界の株式と債権に投資ができ、手数料(信託報酬)が安いバランス投信   こちらもオ… このレビューの続きを見る

証券口座を開くなる、ネット証券(特に代表的な4社)がおすすめ。 口座の種類は、基本的には「源泉徴収なしの特定口座」を選ぶ。   JUGEMテーマ:読書  

 金融機関は、なにもお客さんのために、お客さんがもうかるような商品をすすめているわけではありません。証券会社や銀行がすすめているのは、自分たちがもうかるような商品、つまり手数料が高い商品である可能性が高いのです。   JUGEMテーマ:読書  

いろいろありすぎて困りますよね。

投資信託を始めたいと思います。

 横山光昭(2016)『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)を読了。  1ページに占める文字の分量が少ないので、非常にサクサク読み切ってしまう。  老後の資金や子どもの学費のためのお金など、ま… このレビューの続きを見る