>
[Amazon] 大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)
大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)で自分のブログにレビューを書く

大嫌韓時代

3 [3](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:89116位
  • Amazon価格:¥ 1,000
  • ユーズド価格:¥ 135
  • ISBN/ASIN:4792605024(青林堂)
大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3 [3]

韓国人観光客の中にプロの漁師が含まれており、対馬沖でダイビングと称して大量のアワビなど高級魚介類を密漁しているというのです。さらにそれを取り締まるはずの税関職員が厳原港には少数しかおらず、事実上黙認状態のため対馬の漁業に大きな影響が出ているということでした。   JUGEMテーマ:読書  

13年間に日本漁船328隻が拿捕され銃撃などによって日本人44人が死傷、3,929人が韓国海軍によって拉致・強制連行されて収容所送りになっっているのです。日本はこれだけ大きな被害を受けましたが、規模でいえば北朝… このレビューの続きを見る

玉割(売春宿と売春婦の収入配分率)が、内地では高くても40%(売春婦側の取り分)だった時期に戦地では50%が当たり前でした。沖縄などでは70%にまで跳ね上がっていたともいいます。ハイリスク・ハイリターンを望み戦地での売春を選択した慰安婦が数多くいたのは間違いありません。   JUGEMテーマ:読書  

日本を批難し叩くことで自分たちの悪環境の責任を日本に擦り付けることができ、韓国人の精神安定剤という意味で反日は彼らの日常生活の中に溶け込んでいるのです。こうした幼児性反日依存症の韓国人にとって、政治… このレビューの続きを見る

2005年の人口調査を基準に計算すると、日本の刑務所に収監されている収容犯罪者の人口一万人当たりの割合は、日本人が5.4人に対して韓国・朝鮮人が31人、シナ人に至ってはなんと76人にのぼるのです。日本で犯罪を起こすことに何の抵抗感も持っていないことが、この数字から読み取れるのではないでしょうか。

『中日新聞』の報道によって税金減額という在日特権の存在が初めて明らかとなり、そこに世間の注目が集まって大騒ぎになったのです。(中略)伊賀市では半世紀近くにわたって在日韓国人・朝鮮人という特別民族の住民税を減額にしていたというのですから、これは騒ぎにならない方がおかしいでしょう。

忘れてならないのはこのような特権を認めてきたのは私たち日本側であるとうことです。在日たちが声高に叫ぶ「差別」を恐れて、別の差別を生み出している現状に気づかなければなりません。

 現在、在日のほとんどが「特別永住資格」と呼ばれる特権の下で日本への滞在が認められています(中略)日本に滞在する外国人が申請する「永住許可」とは別個のものであり、一般の外国人には認められていない「在日特権」なのです。

1944年9月から1945年3月の間、つまり徴用令が朝鮮半島で発令された期間中に日本に渡航してきた朝鮮人の総数はおよそ22万人となっているのです。この22万人については確かに国家の強制力の下で徴用された朝鮮人であ… このレビューの続きを見る

食費補助額の平均をみると、内地人の一ヶ月平均135円に対して朝鮮人のそれは212円で、内地人よりも厚遇されているのです。この格差がどのような理由いよるものかはわかりませんが、朝鮮人が内地人と同じかそれ以上の待遇を受けていたことが資料からはっきりと読み取れるのです。

 文玉珠は戦時中にビルマ(ミャンマー)で慰安婦として働いていたとき(1943〜1945年)、売春業で貯めた26,145円を郵便貯金にしていたのですが(中略)これは現在の貨幣価値に換算すると八千万〜一億円くらいになります。

 竹島には現在も「獨島警備隊」(韓国慶尚北道警察庁所属)が駐留しています。(中略)韓国側の主張するように「獨島(竹島)は日本帝国主義の脅威にさらされている緊迫した国境の島」なのであれば、軍隊を駐留させるべきでしょう。しかし、そうすると(中略)日本が自衛権(他国による軍事的領土侵略に対する反撃)の行使に踏み切るのではないか、という恐れを韓国側は抱いているのです。

在日韓国人は韓国籍を持つ立派な韓国人であり、彼らは韓国政府の所業について責任を持つべき国家の構成員なのです。韓国の国家としての行動に韓国民が責任を保つ必要がないのであれば、韓国人がいうところの「植民地支配(実際は併合統治)」という国家の行為について日本国民が責められるいわれはないという理屈になります。

ブクログユーザーのレビュー・感想