>
[Amazon] 良心をもたない人たち (草思社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

良心をもたない人たち (草思社文庫)
良心をもたない人たち (草思社文庫)で自分のブログにレビューを書く

良心をもたない人たち

3 [3](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:4414位
  • Amazon価格:¥ 836
  • ユーズド価格:¥ 105
  • ISBN/ASIN:4794219296(草思社)
良心をもたない人たち (草思社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3 [3]

この世界が安全ではないという問題について訊ねられたアルバート・アインシュタインは、こう答えている。「世界が危険な場所であるのは、邪悪な人間がいるからではなく、それに対して何もしない人たちがいるためだ」   JUGEMテーマ:読書  

 多くの人は、悪しき事件をサイコパスと結びつけて考えたがらない。特定の人間だけが根っからの恥知らずで、ほかの人たちはちがうと認めるのがむずかしいのだ。それは人間の「影の理論」とでも言うべきもののためだ。   JUGEMテーマ:読書  

100人の成人でつくられた社会があったとしよう。そのなかにサイコパスは4人いる−−彼らには良心はない。それ以外の、良心をもつ96人のうち、なんの疑いもなしに権威にしたがう者が62.5パーセント。その権威者は、攻… このレビューの続きを見る

 ミルグラムは、権威が良心を眠らせることができるのは、服従者が「思考を調整する」ためだとみなした。つまり、「この行動について自分には責任がない」と考えるようになるのだ。彼の頭の中で、彼はもはや道徳的に責任ある行動をとるべき人間ではなく、絶対的権威者の代行人に過ぎなくなる。   JUGEMテーマ:読書  

ほかよりもサイコパスの数が少ない文化圏があることはたしかだ。興味深いことに、東アジアの国々、とくに日本と中国では、かなりサイコパシーの割合が低い。台湾の地方と都市の両方で行われた調査では、反社会性人格障害の割合が0.03から0.14パーセント。西欧世界における平均4パーセントとくらべて、きわめて低い数字である。   JUGEMテーマ:読書  

社会的規範に順応できない 人をだます、操作する 衝動的である、計画性がない カッとしやすい、攻撃的である 自分や他人の見の安全をまったく考えない 一貫した無責任さ ほかの人を傷つけたり虐待したり、ものを盗んだりしたあとで、良心の呵責を感じない   JUGEMテーマ:読書  

今現在会社は正しいことをする奴が正義ではなく、上を喜ばせるイエスマンが正義となっている。 だからこれはマズイと思うことも誰も意見できず、結局みんな上のいいなり…。 ある会議でこの案件このまま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になる本   この本、前から気になっていて読んでみたい一冊。 いわゆる、サイコパスについての本らしいのですが。。。 気になる!読んでみたい。。。

関連する商品