>
[Amazon] 日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理で自分のブログにレビューを書く

日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理

3 [3](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:44746位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 393
  • ISBN/ASIN:4797672811(集英社インターナショナル)
日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3 [3]

 「桂・タフト協定」には、「極東の平和は、日本、アメリカ、イギリス三国による事実上の同盟によって守られるべきである」とありました。 このように、当時日本は、世界の二大国イギリス、アメリカと非常に良好… このレビューの続きを見る

 確かに、アサドは独裁者で、ひょっとしたら化学兵器を使ったかもしれない。 しかし、「反アサド派」は、到底「人権重視」の「民主主義者」ではない。 彼らは、「化学兵器」を使った可能性が高く、「人肉」を食う非人道的な連中である。 そして何よりも、アメリカで同時多発テロを起こした、「アルカイダ」である。(中略)殆どの日本人も、アメリカ人も、この衝撃的事実を知りません。

 なんとマッカーサーも、「日本側は戦争を回避するために努力したが、戦争を好むルーズベルトがそれをぶち壊した」と考えていたというのです。 私達の先祖たちは、好戦的な悪者ではなかった。むしろ、ずる賢いルーズベルトに嵌められた。 「自虐史観」は、いい加減捨てましょう。 私達が反省すべきは、「アメリカに先制攻撃したこと」ではなく、「アメリカの謀略に見事に嵌って、先制攻撃させられたこと」。

理論的にアメリカを没落させる方法は簡単なのです。ドルを基軸通貨の地位から引きずり下ろせばいい。どうやって?これも簡単。ドルの使用量を減らし、他の通貨で決済するようにしてしまえばいい。

日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理