>
[Amazon] 高校生からわかる社会科学の基礎知識

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

高校生からわかる社会科学の基礎知識
高校生からわかる社会科学の基礎知識で自分のブログにレビューを書く

高校生からわかる社会科学の基礎知識

3 [3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:431302位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1,116
  • ISBN/ASIN:4860644921(ベレ出版)
高校生からわかる社会科学の基礎知識のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3 [3]

伝統的に受け継がれてきた自国固有の常識・慣習や法の方がよいと見なします。(中略) 経済面では、(中略)富の再分配よりも競争と経済成長を優先する傾向があります。  政治では、右翼は伝統を重視しつつ緩やかな改善を志向します。(中略)保守主義者として名高いイギリス人パークの理論に起源があります。   JUGEMテーマ:読書  

火器の出現は近代の平等観や身分秩序にも影響を与えました。それまでは武具を扱える職業軍人が強く、権威を持っていたわけですが、操作が簡単な火器を使えば、農民でも職業軍人を一瞬にして倒せるようになったからです。つまり、近代における平等観と身分制の撤廃は農民が職業軍人と能力的に対等になったことと関連があるのです。   JUGEMテーマ:読書  

現在まで天皇に権威があるのも、武士による政権の影で武力に訴えない文化的象徴として続いてきたことが大きいでしょう。   JUGEMテーマ:読書  

 社会主義が理念としては優れていても求心力にかけるのは、世の中には伝統社会を急進的に刷新するのは無理があると考える勢力(=保守派)がいるからであり、また急進的に作り上げられた権力ほど、そこに向けられ… このレビューの続きを見る

 現代の大企業の正規労働者はさほど困窮せず、安定した賃金を得ています。不安定な環境にいる非正規労働者こそ、マルクス主義に言う労働者に当てはまるのであって、大企業の正規労働者は俸給生活者でありながらも中小の経済主体を搾取する立場になっています。   JUGEMテーマ:読書  

 ケイジアン(=ケインズ一派の学者)が世界恐慌の原因を需要不足に求めている一方で、フリードマンらマネタリストは、かつての世界恐慌が拡大した主因をFRBによる裁量的な金融引き締めに求めています。マネタリストは一握りのエリートが大きな裁量を行使して、破滅的な事態を招くことを危ぶんでいるのです。   JUGEMテーマ:読書  

 国民による自由な批判や公正な選挙がなくても、公職者が清く正しく政治を行うことができるならば一党独裁でも問題ないのですが、実際には腐敗だらけです。また、まともな公職者がいたとしても、汚職に引きずり込まれたり潰されたりしたのが社会主義国の歴史です。   JUGEMテーマ:読書