>
[Amazon] いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)
いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)で自分のブログにレビューを書く

いとし、いとしという心

おすすめ!4 [4](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:522440位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4862636012(リブレ出版)
いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 4 [4]

微に入り細を穿つ、かわい有美子の描写が冴え渡っている! 「エゴイスト」で描かれた1995年の神戸の町にはノスタルジーを掻き立てられたけれど、この京都の空気は酔っ払ってしまいそうな濃密さだ。 人が肩を寄せ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 京都の格式ある名旅館「井筒屋」の若き当主が亡くなった。 彼を密かに恋い慕っていた侑央は悲しみにくれる。 一方、葬儀で帰省してきた当主の弟・千秋は、次男として当然経営を継… このレビューの続きを見る

またもや、かわい有美子さんです。 6月はかわいさんの作品が2冊も発刊されて、 うきうきの私です。 普段はオクとかで購入するんだけど、 お気に入りの作家さんはやっぱり、 予約をしてまでも買いたくなってしまいます。 かわいさんは描写の書き込みが濃いので、 私の場合、サクサクって感じで読めなくて、 何日もかかってしまう作家さんなのですが、 今回も何日かかかって読み終えました(; ̄ー ̄A

京都のとある老舗旅館の若旦那が急逝して 跡を継ぐことになった若旦那弟の千秋と その幼なじみの侑央のお話しです。 物語は千秋が跡を継ぐ条件として 侑央に「俺のものになって」といい、 なかば強引に関… このレビューの続きを見る

関連する商品