>
[Amazon] せかいでいちばんつよい国

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

せかいでいちばんつよい国
せかいでいちばんつよい国で自分のブログにレビューを書く

せかいでいちばんつよい国

おすすめ!3.9 [3.9](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:大型本
  • Amazonランキング:122394位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1,004
  • ISBN/ASIN:4895726444(光村教育図書)
せかいでいちばんつよい国のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.9 [3.9]

今日は70回目の終戦記念日です。 私は戦争を知りません。 戦争がなんだかは どういうことなのか どうだったのかは 知る必要はあると思います。 でも経験はしたくありません。 子どもたちにも経験… このレビューの続きを見る

  せかいでいちばんつよい国は、軍隊をたくさんもって、たくさんの国を征服した国なのでしょうか? 国を征服したつもりでいても、心は、軍隊をもたない小さな国に支配されているようです。 答えは書いてい… このレビューの続きを見る

10月は私のお当番でした。   まずはこの本「せかいでいちばんつよい国」を読みました。   私たちがいる世界には 目に見えてるもの 目に見えないもの があって、 この絵本は目に見えないものの確かさを … このレビューの続きを見る

 むすめに絵本を読み聞かせしようと図書館を物色して見つけました。自分たちが国が一番すばらしいと思ってる人たちが、世界中を自分達と同じにしようと戦争をしにいくお話。戦争まで大きくなくても、普段の暮らしでも同じような事でいっぱいあると思う。違いは違いで間違いではないし、正しさより、楽しさが大事と思える本でした。子供の絵本って勉強になるときがあるね。

たまに子供に読んであげる絵本です。・・・せかいでいちばんつよい国の大統領は、自分達の生活を広げることが正義なのだと、世界を征服しつづけます。最後に残っ… このレビューの続きを見る

おんぷが学校の図書館から借りてきました。 この本の意味するところがわかったかしら・・・。 なかなか含蓄のある絵本でした。

平和を考える絵本。 世界中を幸せにしようと、世界中に戦争をしかけていった国の話。 軍隊のない小さな国の文化がゆっくりとみなを幸せにする。

関連する商品