>
[Amazon] ナウエンと読む福音書

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ナウエンと読む福音書
ナウエンと読む福音書で自分のブログにレビューを書く

ナウエンと読む福音書

おすすめ!5 [5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:606099位
  • ユーズド価格:¥ 4,235
  • ISBN/ASIN:4900677167(あめんどう)
ナウエンと読む福音書のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 5 [5]

    Pocket !function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var w=d.getElementById(i);d.body.ap… このレビューの続きを見る

  Pocket !function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var w=d.getElementByI… このレビューの続きを見る

Pocket !function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var w=d.getElementById(i);d.body.appe… このレビューの続きを見る

明石ヘンリーナウエン研究会では、連休の谷間でしたが、Mary of Magdala を読みました。 一番重要な部分として、マリアというイエスの呼びかけのことば、ラボニというマリアのイエスへの応答。この中に含まれ… このレビューの続きを見る

  読んだテキストの趣旨は、『あめんどう』さんがお出しになっておられる、「ナウエンと読む福音書」で読めるのですが、平たく言ってしまうと、ゼベダイの息子二人が、母親に連れてこられて、その母親が、「御国で… このレビューの続きを見る

 前回の続きでござる。この3回の記事は、完全に内輪ウケ用(あと、読書会に参加できなかった方向け)の記事ですので、ご関心のない方には、何、コ レ?のはずです。しかし、ご関心のある方向けに、ミーちゃんはー… このレビューの続きを見る

 2013年2月16日、大阪サクラファミリア併設上智大学大阪サテライトキャンパスにて開催された雨宮慧先生の公開講座についての記録を書いておこうかと。青字部分がミーちゃんはーちゃんの感想。 雨宮先生は、コンピ… このレビューの続きを見る

 先日、ヘンリー・ナウエンという方が書かれたJesus:A Gospel(日本語では、ナウエンと読む福音書)の A Call to Friendship というところを読んでいた。 そこには、イエスが、非常に親しい関係に招いておられる… このレビューの続きを見る

 めぐまぐま様とおっしゃる方から、非常に重要なご指摘をいただきました。ご出身地がキリシタン関係の歴史が深いところでもあり、そこでの殉教と自死の問題を取り扱う問題を提起されておられます。非常に重要な問… このレビューの続きを見る

終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。     第10回 Henri Nouwen 読書会 in Akashi  日時:2012年4月27日 (金)    午後6時から午後7時30分まで(予定)今… このレビューの続きを見る

 昨日のHenri Nouwen研究会 in Akashiは、Jesus, A Gospelのなかの、Childhoodを読んだのだけれども、冒頭部にルカ2章のシメオンがイエスを抱いた時の発言部分が引用されていた。 そのシメオンの発言の中に、… このレビューの続きを見る

 昨日、ヘンリー・ナウエン研究会のための準備をするなかで、Jesus: A Gospelの1章のGod and the Worldを準備しながら思ったのであるが、「赦す」ということと「忘れない」ということは、実は表裏一体ではな… このレビューの続きを見る

amazonランキング247436位の「ナウエンと読む福音書」をご紹介。 クリスチャンな人もクリスチャンでない人にもぜひ読んで頂きたい 本です。読んで頂きたいという表現はやや上から目線だけど、きっと 読む価値… このレビューの続きを見る

関連する商品