>
[Amazon] たったひとりのクレオール―聴覚障害児教育における...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

たったひとりのクレオール―聴覚障害児教育における言語論と障害認識
たったひとりのクレオール―聴覚障害児教育における言語論と障害認識で自分のブログにレビューを書く

たったひとりのクレオール―聴覚障害児教育における言語論と障害認識

おすすめ!5 [5](1件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:41061位
  • 定価:¥ 2,970
  • Amazon価格:¥ 2,970
  • ユーズド価格:¥ 1,762
  • ISBN/ASIN:4939015556(ポット出版)
たったひとりのクレオール―聴覚障害児教育における言語論と障害認識のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(1件) 5 [5]

高一の長男が聾者である。長男が失聴した1歳の頃は圧倒的に「聴覚口話法」が一般的で、手話を使うなどということは限定的だった。が、トヨエツのドラマ「愛しているといってくれ」や菅野美穂の「君の手がささやい… このレビューの続きを見る