DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD] - REMEDIOSのレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]で自分のブログにレビューを書く

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

3.1 [3.1](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:3726位
  • 定価:¥ 4,104
  • Amazon価格:¥ 3,175
  • ユーズド価格:¥ 2,465
  • ISBN/ASIN:B00005G1GE(ビデオメーカー)
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.1 [3.1]

打ち上げ

11:56:By J L G 2

発展的解散という名の所属部署の消滅。 ある人たちは県外へ転勤、私たちは別棟へ転属、散り散りに散開。 それぞれの異動先で頑張りましょう。 JUGEMテーマ:今日の夕食

原題: / 製作年:1993年 / 製作国:日本 / 上映時間:45分 / 日本公開日:1995年8月 / 映倫:G監督:岩井俊二 / 脚本:岩井俊二 / 音楽:REMEDIOS出演:山崎裕太、奥菜恵、反田孝幸、小橋賢… このレビューの続きを見る

 なんだろねー、若いときの夏ってすごく特別だと思うんですよ! 実際小学生の時なんか意識してなかっただろうけど。 四方から聞こえる蝉の声、そびえる入道雲、べたつく汗・・・。 今でも変わらず感じるものばかりなのに、子どもの時の感じ方とは全然違う気がする。 子どもの時はどんな風に感じてたっけ? この映画を見ると何となく思い出す。

あ---------。 今更だけど いい映画でした。 子供時代の夏の日が 鮮明によみがえる。 花火も、お祭りも、プールも、帰り道も、今より ずっと濃くて 大きかったなー。 子供の頃の世界は 昨日と今日と明日 しかなか… このレビューの続きを見る

岩井俊二と言ったら、、この映画なんですかね? 私はリリィやピクニックやスワロウテイルよりこっち派(ラブレターとか花とアリスとか) 見ててキュン!とする方が断然いい! でも岩井俊二作品は言葉の会話がリア… このレビューの続きを見る

この季節各地で花火大会が行われている時期だと思います。 毎年の夏の楽しみといえば…花火と考える人もそう少なくないはず。 浴衣を着たいつもと違った雰囲気の彼女と楽しく見上げている男の子、子供を肩車してあ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般夏祭り・フェスでの思い出教えてください! …ということで、インパクト強いヤツなら、花火事件かなぁ… 暗いよ;アンタ いや〜目の前で上がる花火を眺めてたんですが… しばらく眺めて… このレビューの続きを見る

  製作年度: 1993年 別題:− 製作国・地域: 日本   上映時間: 45分 解説:  「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、フジテレビのドラマ枠『ifもしも』のスペシャル… このレビューの続きを見る

ずっと見たくて、でも怖くて見られなかったのを勇気を出してみた。予想どおりの、私の苦手な「性」をモロに出した青春モノ。直視できなくて途中で見るのをやめてしまった。。 タイトルは好きなのにな。残念。

花火

01:29:By あ行

下町の夜空彩る 隅田川花火大会 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080726/trd0807262014022-n1.htm >夏の訪れを告げる隅田川花火大会 わしの住んどるとこでは「花火」というと「夏の終わり」なん… このレビューの続きを見る

今日は隅田川の花火だったけれど、私はこっちの花火を鑑賞。 夏休みってすごく特別かもしれないなーと。 蝉の声とか身長差とかスラムダンク最新巻とか。 音楽もよかった。 なんとなく、くるりの男の子と女の子みたいな映画だと思った。

なんだろねー、若いときの夏ってすごく特別だと思うんですよ! 実際小学生の時なんか意識してなかっただろうけど。 四方から聞こえる蝉の声、そびえる入道雲、べたつく汗・・・。 今でも変わらず感じるものばかりなのに、子どもの時の感じ方とは全然違う気がする。 子どもの時はどんな風に感じてたっけ? この映画を見ると何となく思い出す。

1994年・50分 【あらすじ】 岩井俊二が93年にフジテレビの番組「ifもしも」の1本として製作したTVドラマにもかかわらず、同年日本映画協会新人賞を受賞した上映時間45分の中編。翌94年、劇場公開。 港町に繰… このレビューの続きを見る

監督 : 岩井俊二 出演 : 奥菜恵 / 山崎裕太 「これは奥菜恵のプローモーション・ビデオだ」と思って観れば納得はいく。つまり、それ以上の作品価値がない、ということだ。少年たちの演技は上手いし、ノスタルジックなストーリーに寂寥を感じることも出来なくはないが、他に方法はなかったのだろうか。男性が抱える少女へのファンタジーにしか見えず、非常に気持ち悪い映像だ。

うーん他の方の評価を見るととっても高くつけられてる片が多いので悩みますが…私はそこまで面白い!!という風には思えませんでした。 なんだろ、ストーリー自体は好きなんだけれど、だからこそ子供たちの演技がもうひとつ、と思ってしまった…。 でもなずなちゃんがお母さんに引きずり戻されるあのシーンで「ああ、岩井監督だ…!!」とゾクゾクしました◎

書いた日  2007年 1月 16日 / 22時 53分 49分?短くてびっくりした。もともとドラマだったらしいけど この映画に熱狂的なファンがいる、って 笑(ってはいけないのか?笑) それでも途中で消さずに観た… このレビューの続きを見る

関連する商品