好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ひなぎく [DVD]
ひなぎく [DVD]で自分のブログにレビューを書く

ひなぎく [DVD]

おすすめ!3.7 [3.7](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:86700位
  • ユーズド価格:¥ 3,480
  • ISBN/ASIN:B00005I1J0(ダゲレオ出版)
ひなぎく [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.7 [3.7]

この感情の答えがわかんない 答えの出ない考え を見つけようとして疲れた 気にしない気にしない と心の中でいう 気にしちゃダメだ 気にすんな ダメだって そんな気分のときにとあるブログをいつも見… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:可愛い雑貨・インテリア  昭和のイオンモールのワイン売り場で見つけました! エキゾチックで素敵! 728円 あんころもち http://ancoromoti.com/

ひなぎく

17:12:By ひみつ

チェコ映画。 自由奔放な女の子2人がとっても可愛い。 ハサミで自分の体やスクリーンを切っちゃうという実験的な映画でもある。 アート系のおしゃれ映画が好きな人にはおすすめ。 DVD購入した。 http://kyoto.cool.ne.jp/necco/hinagiku/

3.7

ひなぎく

16:32:By トリ日和♪〜due★

1960年代、まだチェコスロバキアだった時代。80年代にようやく公開され、吉祥寺のバウスシアターに観に行きました。その当時は実験的な部分だけに興味が向いてたけど、社会風刺が盛り込まれた映画だったんですね。ワケわからずも気に入って、いろんな人を誘って3回も映画館に見に行った。 私に衝撃を与えた作品の一つ。 また見直してみたいけど、ビデオしか持ってない。DVD欲しいなぁ。。。

ひなぎく

13:18:By not forever

早稲田松竹で、『ひなぎく』が上映されているので、観てきました。 二人の女の子がおしゃれをして、男の人に奢らせたり、ベットに寝転んで食べたり、部屋で紙を燃やしたりと、無軌道に好き勝手に振る舞う。『ひなぎ… このレビューの続きを見る

3.7

ひなぎく

17:45:By RaY

 この「ひなぎく」は私が1回生の時に出会った作品なのですが、初めて見た時は衝撃を受けました。正直、ただの可愛いガールズ映画だと思っていたのです。確かに映像技術は然る事乍ら、ファッション、美術に至… このレビューの続きを見る

3.7

ひなぎく

21:58:By DB Error: unknown error

1990年代前半に日本で初公開したときに吉祥寺バウスシアターで観て感激し、映画館を出たときに、これが1966年の作品であることを知って驚愕した。 そのころ、たしか「流行通信」という雑誌の片隅に出ていたチェ… このレビューの続きを見る

3.7

ひなぎく

13:59:By ゴーゴーイサナ

見つけた!!おしゃれ少女やりたい放題活劇。超かわいい!大好き!欲しいけど高いなー><チェコの映画だったのかー。ひなぎくとタンクガールが至上最高ムービーだったのです。 (昨今はキンザザが追加され。)

コクリコ

00:41:By

  ひなぎく かわいい    ひなぎくのポストカードを手にとったとき、「は・・・かわいい」と思ったその、かわいいものをかわいいと思う基準が「ひなぎく」にはあるように思います。 忘れたくないな。無意… このレビューの続きを見る

3.7

ひなぎく

22:42:By swallow to swallow

 初めて見た、チェコ映画。 40年前にカラーフィルムがあったのか。 なんというか、40年後の現在で見ても前衛的。  とりあえずは、嶽本野ばらよりも少女的? ひなぎく

3.7

ひなぎく

21:07:By rabbit'66

新年一発目の映画です。数年前から見たいと思ってたんだけど、↑アマゾンでもDVDは廃盤になったのか、売り切れ状態で諦めてたら、昨年やっと廉価版が発売されたのですー。 アマゾンでは取り扱ってないようだけど、… このレビューの続きを見る

3.7

ひなぎく

22:22:By 認知倉庫

可愛いから、許せる!

3.7

ひなぎく

22:18:By luvmovie*

+++私たち生きているのよ 生きてる! 生きてる!+++ うーん。。この映画って物語性が無いのね。 それを知ってから観たらまた違ったかも… オシャレ映画には変わりない。でもそれだけで終えちゃいけない気が… このレビューの続きを見る

3.7

ひなぎく

05:48:By IN YOUR EYES

始まりの画面でノックアウトされました。 どこを切り取ってもポストカードになりそうな、動く写真集のような映画です。 ファッション、インテリア、そして時折挿入されるサイケデリックな画面。 リリック… このレビューの続きを見る