>
[Amazon] メゾン・ド・ヒミコ [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

メゾン・ド・ヒミコ [DVD]
メゾン・ド・ヒミコ [DVD]で自分のブログにレビューを書く

メゾン・ド・ヒミコ [DVD]

おすすめ!3.6 [3.6](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:87754位
  • 定価:¥ 3,455
  • Amazon価格:¥ 2,140
  • ユーズド価格:¥ 580
  • ISBN/ASIN:B001DSSKKU(角川エンタテインメント)
メゾン・ド・ヒミコ [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.6 [3.6]

  前から観たい観たいとおもっていた映画。やっぱりおもしろかった。違和感ある演技をしているキャストがひとりもいなかった。「よーしこうなったらー!」っていうシーンがとてもかわいくて、あとオダギリジョーと西島秀俊氏がゲイのはなしをしているときの、西島氏の笑い方がとてもすきだとおもった。いっぱいすきな場面がある映画であった。とりあえず次はジョゼと虎と魚たちを借りてこよう。

3.6

メゾン・ド・ヒミコ

16:13:By 30days

実家帰ったときに、深夜で放送してたので見た。 ゲイの老人ホームの話。 老人ホームのオーナーであるヒミコさん役を演じる役者さんが 独特な雰囲気を持っていてセクシーだった。 淡々としてる話なんだけど、ゲイの人たちの賑やかさのせいか、 「ジョゼ」よりは重くなくて良かった。

私の軌跡

19:07:By sokonoke堂

 火曜日から不意に三連休で予定も全部キャンセルで何もすることがなかったので、イケメン充してましたってのは前の記事に書いたんですが、ふと「私って昔からイケメン好きだったよな」ってのを思い出してこれ… このレビューの続きを見る

あたたかな食卓

00:49:By DAY

Gyaoで無料配信していたので、 久しぶりにメゾン・ド・ヒミコを観ました。 柄本明さん演じるヒミコの台詞が 呪文のようにずっしりとした重みを持っていて、 あ、この人の演技すきだなあ、て毎回思います … このレビューの続きを見る

前々から薦められていたけれど 何となく見過ごしていた。 田中泯 の凄み、存在感に圧倒される。

3.6

最近見た映画

19:28:By シャララララ

::アイデン&ティティ:: 青い!青い!途中で青すぎて、見てて恥かしくなって「あー!!」ってなりました。笑 ディランの言葉が深かったです、染みます。 麻生久美子が可愛いです、飾り気が無い衣装とメイクなの… このレビューの続きを見る

メゾン・ド・ヒミコ  製作年:2005   製作国:日本  上映時間:131分  配給:アスミック・エース   監督:犬童一心  脚本:渡辺あや  キャスト:柴咲コウ オダギリジョー 田中泯 西島秀俊 家… このレビューの続きを見る

メゾン・ド・ヒミコ

17:12:By o t o g i

 シュール。 考えさせられる所もあり、笑える所もあり、感動する所もあり…。 とても面白かったです。 メゾン・ド・ヒミコで、私も働きたい。笑

JUGEMテーマ:映画  良かったなぁ。いい映画だ。  柴咲コウちゃん。あか抜けない、やぼったい感じのする“沙織”を それでも魅力的に演じていました。  借金もあるし、地味に暮らしていた沙織が、そりゃあもう … このレビューの続きを見る

3.6

メゾン・ド・ヒミコ

17:46:By JOURNAL

オダギリジョーのゲイ役ってゆう、なんかいかにも「やってやったぞ!」なかんじを敬遠してたけど、田中泯さん(ヒミコ)が出てるなんて知らなかった。知ってたらもっと早く観たのに。 ヒミコのバラのガウン姿は美しくて、ルビーのワンピース姿とピンクのチークが愛らしい。んで敬遠してたオダギリジョーのゲイ役の色気が異常。まさかのシャツイン。

この映画のキャスト、メイン以外知ってる人少ないし 正直そんな期待してなかったから、途中で飽きるかなとか思ったけど 話も好きだし、割と面白かったです(´ω`) 思ってたよりホモの絡みが殆どなくて、結果的には男… このレビューの続きを見る

犬童作品と知らず、 特に何の期待もしないで観ました。 それがかえってよかったのかもしれません。 シリアスとファンタジーの混ぜ方が、 いいです。 かつてはゲイバーのママだった、死期迫るヒミコと、 彼女の彼(オダジョ)と娘(シバサキコウ)の話。 * * * 以下内容含 * * *

テーマ選びと舞台設定がすごくよくできている。 男と女のことだけでも永遠のテーマなのに、ゲイの要素も加わってしまって余計に複雑に。 ゲイホームでのゲイ達は、割り切っているというか吹っ切れているというか… このレビューの続きを見る

なんだか感性が麻痺しているようで久しぶりにいろんな映画の予告変を見ただけで泣きたくなってしまった。ヤレヤレ。そして本編が始まる。まず、音楽がいい。なるほど、細野晴臣だ。鈍っていた感覚が戻ってくる。田… このレビューの続きを見る

『ジョゼと虎と魚たち』や『グーグーだって猫である』の犬童一心監督。簡単に言うとゲイ専用の老人介護施設みたいなのが舞台のお話。内容はもっと複雑なんですけどね。『ジョゼと虎と魚たち』は前に観て、面白いか… このレビューの続きを見る