>
[Amazon] ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)
ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

ジョゼと虎と魚たち

おすすめ!3.4 [3.4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:7542位
  • 定価:¥ 528
  • Amazon価格:¥ 528
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4041314186(KADOKAWA/角川書店)
ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.4 [3.4]

 表題作他、いろんな女性が登場する短編集です。映画化もされていて、多分結構有名な作品だと思うけれど、お初でした。田辺さんというと、以前宝塚をよく見ていたときに、お見かけした(雑誌やテレビで)のが印… このレビューの続きを見る

 うおおおようやく本を読めた……! ペストはまだ積んであります(うあああ)ゼミの本も読んでません(うえええ)  も、本当に田辺聖子好き……卒研で感傷旅行読んでから、五つ指に入る好き作家です。まああんまり… このレビューの続きを見る

きのう、サングラスをカチューシャがわりにしている男の人をひさしぶりに見ました。なつかしい風がふきました。 その人はそれがよかれと思ってるんだろうねぇ。おそろしや〜 昔の服装とか、今思うとかなりは… このレビューの続きを見る

 「チョコレートと犬とベッド」、これはフリーアナウンサー内田恭子さんのエッセイです。「セックスと嘘とビデオテープ」これは映画のタイトルです。どちらも中身は知らないですけど・・・リズムがあって気持ちい… このレビューの続きを見る

足が悪いジョゼは車椅子がないと動けない。ほとんど外出したことのない、市松人形のようなジョゼと、大学を出たばかりの共棲みの管理人、恒夫。どこかあやうくて、不思議にエロティックな男女の関係を描く表題作「… このレビューの続きを見る

ジョゼと虎と魚たちは、短編集です。 ジョゼ虎の話が読みたくて、ずっと以前、この小説を買いました。 今回また読みなおしたので感想を… 私はこの中に入ってる話の中で好きなのは、 うすうす知ってた、恋の棺、… このレビューの続きを見る

朝、顔を洗って化粧水をつけながら、肌の調子を確かめる。 ビューラーで睫毛を丹念にカールさせる。 着たい服をベッドに並べて右往左往し、雑貨屋で買い並べた小物を見てはほくそ笑む。 時々彼氏にメールをして… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読んだのは 『佐藤愛子、田辺聖子(女性作家シリーズ7)』角川書店。 ジョゼ虎の原作って、内容ちょっと違うんだね。 映画の方が私は好み。 田辺聖子さんの描く、 独身を貫きな… このレビューの続きを見る

これも数年前からリストに挙がっていたの。 民夫と同じく、詠美さんのお勧めです。 って、 解説書いてるのエイミーじゃん。 短編が9つです。 いろいろな女性が主人公です。 この中に、私、いる。 この中の誰かは私だわ。 と思わせるような内容でした。

初、田辺さんでした。確かそろそろ80歳になられる、 おばあちゃんといっていい年齢の方です。 文章がいい意味で古臭い。世を80年も生き、全てを知った上で、 とつとつと語られる人間の潜在意識の表現がとても上… このレビューの続きを見る

小説のほうです。 映画が面白い、という話を聞いていたのですが、映画よりも先に原作を読んでしまいました。短編集だったんですね。こんな短い話をどう映画にしてるんだろう、と思って映画のほうのサイトを除いて… このレビューの続きを見る

『お茶が熱くてのめません』、『うすうす知ってた』、『恋の棺』、『それだけのこと』、『荷造りはもうすませて』、『いけどられて』、『ジョゼと虎と魚たち』、『男たちはマフィンが嫌い』、『雪の降るまで』。9… このレビューの続きを見る

「お茶が熱くてのめません」「うすうす知ってた」「恋の棺」「それだけのこと」 「荷造りはもうすませて」「いけどられて」「ジョゼと虎と魚たち」 「男達はマフィンが嫌い」「雪の降るまで」、以上8編収録。 八人の女性の、八様の愛情物語。

 NO IMAGEだって…!?しかも今アマゾンで確認したら発売日20年前だしびっくりしたんだけどとにかく感想です。レビュー機能ってレビュー書くだけじゃなくってこういう発見もあるんだね。  父の本棚から発掘しまし… このレビューの続きを見る

関連する商品