>
[Amazon] 落下する夕方 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

落下する夕方 (角川文庫)
落下する夕方 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

落下する夕方

おすすめ!3.6 [3.6](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:123417位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043480016(角川書店)
落下する夕方 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.6 [3.6]

 しばらく本を読んでなかったんだけど、久しぶりに夢中になって読んだのが「落下する夕方」華子さんの存在があまりにも悲しくて、主人公が15ヶ月かけて、失恋するのです。作者の方は梨果と華子を足して二で割… このレビューの続きを見る

このお話は、長い間一緒に暮らしてきた恋人の突然の別れ話から始まって、主人公のリカが、突然のその別れを受け入れるまでのお話です。リカは元恋人の健吾から卒業するまで、本一冊分かかる訳ですが、江國さんの、… このレビューの続きを見る

12:23:By モーモー生活

.

梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれていく。逃げることも、攻めることもできない寄妙… このレビューの続きを見る

3.6

落下する夕方

00:47:By lolly popping

「華子は、なんて身勝手な女なんだ…!」と、憤慨しつつも読むのを止められなく。 結局はすごくせつなくなる…。そんなお話でした。 いつの間にか住み着く華子。だけど、なんだか憎めない…。 江國ワールドにずいず… このレビューの続きを見る

8年間付き合っていた「健吾」に振られ その健吾が好きな「華子」と主人公は一緒に暮らし始める 華子は健吾には興味がない。 いや、ありえないーー だって彼氏が好きなひとと一緒にいるなんて無理でしょう 会話する… このレビューの続きを見る

3.6

落下する夕方

01:34:By Phantasmagoria

華子。華子のような人に惹かれるのは分かる。わたしも出会ったら惹かれそう。わたしは執着する側。格好わるい。でも仕方がない……

落下する夕方

11:32:By 受賞本

 落下する夕方  著者 : 江國香織  受賞歴 : 第10回山本周五郎賞 ノミネート

やっと読みました^^;;; 江國香織好きと言いながら、この作品だけは読めてなかったの。 ゆっくりと失恋していく物語。 あるいはゆっくりとひとりに(自由に)なってゆく過程。 梨香は8年間一緒に暮らした恋人… このレビューの続きを見る

3.6

落下する夕方

21:59:By Alice* teatime

 久々に江國香織。いやこないだエッセイ読んで、何かまた江國香織読みたくなって借りました。 何か江國香織の本全般の話なんだけど、ゆるゆると「落下してる」んですよね、いつもこの人のかく話って。止まって… このレビューの続きを見る

江國さんの作品だいすきです ていうかこれ映画化してるんだ…ちょっとみたい 華子の強さに惹かれました つよさって言うか、なんていうか

3.6

「落下する夕方」

05:13:By Book Cafe

梨果は突然、4年間一緒に暮らした恋人・健吾に別れを告げられます。 その恋人が一目ぼれしたという女・華子がある日押しかけてきて・・・。 梨香が健吾のことを憎みきれなくて、でもたまにイジワルな言葉をぶつけて みたりするところがとても人間らしくて良いと思いました。そんな梨果が 奔放な華子の魅力にとりつかれていく様子が丁寧に描かれています。

やっぱりこれ以上好きな本はない・・・・。。。 華子みたいな人になりたいなあ 8年の恋愛も一瞬の恋愛に負けてしまう なにがあるかわかんないなーあ、 そういうものなのかも

私が一番最初にこの本を手に取ったのは、 高校3年生の時に毎日通っていた学校の図書館ででした。 "江國 香織"といえば、本を読まない人でも 名前ぐらい聞いたことがあるだろう、というくらい有名な方で… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 思えば、初めての江國香織さんはコレでした。 夫を寝取った女性と寝取られた女性の奇妙な共同生活。 「ふふふ」とそれ以上も以下もなく話す彼女に、夫を寝取られたはずの女性は不思議な魅… このレビューの続きを見る

梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取り付かれていく。 逃げることも、攻めることもできない奇… このレビューの続きを見る

こんばんはー。 浅野忠信さんくらい、髪を短くしたいよ〜。 なんか、お団子ができるくらい長い髪の長さから なんだか色々と髪型に変化のあった一年でしたね。 この日記でもずいぶんと髪形についての話題が… このレビューの続きを見る

ビジネス書ばかり読んでいるわけではありません(笑)。 昔から好きな作家は 江國香織さん、宮本輝さん、乃南アサさん、などなど、 沢山おります。 中でも江國香織さんは、本当に沢山読んでいると思います… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 うーん・・・ 面白くて一気に読んだけど・・・ モトカレにイラついてしまった(*´∇`*;△ 江國さんらしい作品ではある気がするけど、読んだ時期も時期だったのでなんかね。。。 少し「き… このレビューの続きを見る

ある日、予期しなかったことに、梨果は、健吾に別れを告げられる。 原因は女。 8年も付き合った梨果を捨てて、出て行くという。 そんな状況の中、少しずつ健吾のいない生活に慣れた頃、 健吾の新しい女の… このレビューの続きを見る

恋人と別れた梨果の部屋に、彼の新しい恋人華子が転がり込んでくる。奔放な華子にふりまわされながらも、梨果は華子と同居することになる。 華子のキャラクターが最後までつかみきれず、なぜ華子に男性たちがた… このレビューの続きを見る

3.6

身軽さ

01:28:By 凛々亭の徒然24時

身軽さについて考える。 この本の華子のように暮らしたい。 持ち物の量だけでなく。 心の身軽さに、憧れる。

梨果と八年一緒だった健吾が家を出た。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、彼女の不思議な魅力に取りつかれていく。逃げることも、攻めることもできない奇妙… このレビューの続きを見る

関連する商品