>
[Amazon] GOTH―リストカット事件

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

GOTH―リストカット事件
GOTH―リストカット事件で自分のブログにレビューを書く

GOTH―リストカット事件

おすすめ!3.9 [3.9](26件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:127541位
  • Amazon価格:¥ 2,300
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048733907(角川書店)
GOTH―リストカット事件のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(26件) 3.9 [3.9]

『GOTH−リストカット事件−』 著: 乙一 −はじめに− GOTHの略だが、建築様式とはあまり関係が無い。それはファッションであり、スタイルだ。 人間を処刑する道具や拷問の方法を知りたがり、殺人者の心を覗き込む… このレビューの続きを見る

3.9

GOTH

00:40:By vivi's talk

この作家さんが別名で書かれているという小説を読んで気に入ったので メインである作品を読んでみようと思ったんだけれど…。 あんまりにもディープすぎて、読みつづけるのが億劫になった。 夜に読むと怖くて寝… このレビューの続きを見る

3.9

GOTH

14:10:By おかめと本

  昨日一気に書いてしまおうと思ったら そんなわけにもいかず忘れてしまいました というわけでGOTH --------------------------------------------------------------------- GOTH まさか本当にゴシッ… このレビューの続きを見る

好きな作家の本は買いたいと思うんだけど、しばらく買え そうにない。特に他に読みたい本もないし、仕事も決まらない し暇だし、で図書館で借りて読んだ。  猟奇事件とか死体に興味がある高校生が主役なのだ… このレビューの続きを見る

3.9

☆BOOK

22:10:By Fearless

乙一さん いいかも^^ 殺人事件のはなしなんだけど 文章だからできるトリックがたくさん! いちばんびっくりしたトリックは 犬っていう短編かな… とにかくグロいの好きな私には とっても面白い作品でした\(… このレビューの続きを見る

  主演*本郷奏多さん 原作は乙一さんの小説。 原作を読んで観たいと思ってたけど時間がなく見れなかったのでやっと。 遅ればせながらの感想です。 個人的な意見では、GOTHは1つの章で1つの事… このレビューの続きを見る

内容(「MARC」データベースより) 森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物に行くことを決めた…。触れれば切れるようなセンシティヴ・ミステリー。 ≪もくじ≫ ? 暗黒系 ? リストカット事件 ? 犬 ? 記憶 ? 土 ? 声 あとがき

先日、たまたま職場で「乙一」という作家名の話題が出て、懐かしくなり、ここに挙げてみる。 もう7年近く前に「このミステリがすごい!」(だっけか?)で紹介されていたのを見て、興味が出て買ってみた作品。これ… このレビューの続きを見る

 GOTH リストカット事件  著者 : 乙一  受賞歴 : 第3回本格ミステリ大賞 受賞         2003年このミステリーがすごい! 2位         2003年本格ミステリ・ベスト10 5位         2003年本格ミステリこれがベストだ! 選出         2002年傑作ミステリーベスト10 7位

高校生の時、憧れてやまなかった本。 ホラーと、ミステリーと、切なさ。 当時の私を惹きつける要素で出来てる。 やっと手に取りました。 ああああ。 今は、なんて非道いものを読んだのかと思っている! … このレビューの続きを見る

読みやすさ: なんとか読める範囲ではあるけれども、文体が稚拙。 内容: 「暗黒系」「リストカット事件」「犬」「記憶」「土」「声」 シリーズモノ短編集。 感想: ミステリを前面に出したらしいけども、騙… このレビューの続きを見る

ハマるといろいろ読んでみたくなる性格なので、再び乙一作品。 存在は知ってたけどいつも手に取ることはなく…これまた激しく後悔。 所々展開が読めるものの、驚くべきところでまんまと驚いてしまうところはさす… このレビューの続きを見る

3.9

xxxx03*

21:09:By nepenthe

なんだかこの漫画はよくわからないけど良かった。なんて言えば良いのか思いつかない。 綺麗なグロっていうかなんていうかなー。うん。とにかく良かったので誰か気が向いたら。 乙一の小説が漫画化されたもの。こ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 JUGEMテーマ:日記・一般 JUGEMテーマ:芸能 乙一さん! 2008年は2作品映画公開でっせー 『死にぞこないの青』 マサオ★須賀健太 アオ☆谷村美月 暴力教師★城田 優 アオを女… このレビューの続きを見る

あらすじ 僕は死体が見てみたい……。 残虐な事件を好む森野夜と僕。 僕等は日常をやり過ごしながら密やかに非日常を閲覧する。 或る日森野が拾ってきた手帳には、人を解体していく様が淡々と克明に… このレビューの続きを見る

夏休みが二十日ほど過ぎたころ、出校日で登校した「僕」に クラスメイトの森野が見覚えのない手帳を差し出した。 「拾ったの」  「僕のじゃないよ」 「知ってるわ」 それは、殺人犯の落としものだった。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 死にぞこないの青で認めてはじめていた乙一性みたいなものをこの本で犯人の一人が世界とか言いはじめちゃったことで見損なってものすごいがっかりしたし話のいくつかは演出に無理があってそん… このレビューの続きを見る

いたって普通の明るい高校生を装いながらも、猟奇的な殺人事件などの人間の「闇」の部分に強く惹かれる「僕」と、同じように人間の闇を好む森野。2人はそれぞれの形で身の回りで起こる様々な異常な事件に関わって… このレビューの続きを見る

−あらすじ− 森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。 学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物にいくことを決めた。 −同時収録− 暗黒系 Goth リストカット事件 Wristcut 犬 Dog 記憶 Twins 土 Grave 声 Voice

夏の100冊2冊目及び3冊目。 文庫の「夜の章」と「僕の章」に分かれているのを読んだんですが2回に分けて書くのが面倒なので↑に出てるのはハードカバーのやつです。(中身は短編集です) もう続きが気になって気にな… このレビューの続きを見る

森野が拾ってきたのは、連続殺人鬼の日記だった。学校の図書館で僕らは、次の土曜日の午後、まだ発見されていない被害者の死体を見物にいくことを決めた……。話題騒然の若き天才乙一、初の単行本がここに登場! … このレビューの続きを見る

一回全部読んで、もう一回読み返したくなって、理解できたところでもう一回読みたくなる本。 ちなみに私が読んだのは「夜の章」「僕の章」と分かれている奴で、内容に違いはないだろうと考えこの本でレビューを書… このレビューの続きを見る

僕という主人公の神山樹とクラスメートの森野夜が6話の短編集に登場する。GOTH(ゴス)とは処刑する道具や拷問の方法を知りたがり、殺人者の心を覗き、人間の暗黒部分に惹かれるものたちのことをいう。この神山と… このレビューの続きを見る

先ず、ある程度のグロテスクさが形容出来る人でなければ、読むことをお勧めいたしません。また、サスペンスとホラー、ミステリを好まない方も読むことをやめていただいた方が良いのかもしれません。フィクションと… このレビューの続きを見る

文庫版は「夜の章」と「僕の章」ってのがあって、 正直どっちから読んだ方がいいのか迷いました。 「夜の章」から読みましたが、こちらが正解。 初っ端から衝撃的に死体が微塵切りになってますが、 それでも… このレビューの続きを見る

これはおもしろい! けっこう内容は残虐(?)な感じなんだけど、読みやすいです。 ホラーが苦手な私でも読めましたw なんか、本の中に引き込まれちゃうんですよね。 私が呼んだのは文庫本の方なんですけど… このレビューの続きを見る

関連する商品