DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed スロウハイツの神様(上) - 辻村 深月 のレビュー全24件 JUGEMブログ

>
[Amazon] スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)
スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)で自分のブログにレビューを書く

スロウハイツの神様(上)

おすすめ!3.8 [3.8](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:641428位
  • Amazon価格:¥ 4,795
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061825062(講談社)
スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.8 [3.8]

JUGEMテーマ:読書 「シャイロックの子供たち」に引き続き、次で紹介されていた1冊。 ■ 伏線の回収にゾクゾクする…日本の小説7選 - NAVER まとめ 正直、上巻を読み始めた時は、登場人物のハチャメチャさに、 … このレビューの続きを見る

めっっっちゃ良かった!!! このひとの本読むの4作目ですが、 もう絶対このひとの作品は読み潰してやる。 前にレビュー書いた「子どもたちは夜と遊ぶ」もそうやけど ほんとうに、個々の登場人物のキャラクタ… このレビューの続きを見る

売れっ子作家である赤羽環。 彼女はある家を手に入れた、といい ものを作り出す人間、もしくはその卵をアパートの空き室に住まわせた。 徹底的に清らかな漫画を何度も蹴られながら何度も投稿し続ける狩野壮太 … このレビューの続きを見る

かの有名な『トキワ荘』のように漫画家ではないけれど、小説家、脚本家、映画監督、画家などのたまごたちが、スロウハイツというひとつ屋根の下に暮らす日々。ファンのおじいさんから好きに使っていいと譲りうけた… このレビューの続きを見る

 脚本家の赤羽環をオーナーに、スロウハイツに住む人達。ファンのおこした事件をきっかけに一時期筆を折っていた人気作家に、漫画家と映画監督と画家の卵。それぞれの道で悩み、足掻きながらも平和に暮らしていた… このレビューの続きを見る

売出し中の脚本家である赤羽環はファンのおじいさんから譲り受けたというスロウハイツに親しいクリエイターたちを集めて共同生活を始めた。児童漫画家を目指す狩野壮太、映画監督を目指す長野正義と彼女で画家を目… このレビューの続きを見る

3.8

スロウハイツの神様

15:00:By u_simple

個人的趣味でものを言いますが、この作家さんの書くキャラクターはいいなあ… デビュー作から続けて読んでいるんですが、結構それぞれの作品に共通の人物が出てくるんですね。 ですが、それぞれの造形がすごく鮮やか… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) ある快晴の日。人気作家チヨダ・コーキの小説のせいで、人が死んだ。猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人。この事件を境に筆を折ったチヨダ・コーキだったが、ある新聞… このレビューの続きを見る

人気若手脚本家赤羽環は譲り受けた元旅館を「スロウハイツ」と名づけ、6人の住人たちと共同生活を始めます。そこには10年前、作品を元に大量殺人事件をおこされたチヨダ・コーキという人気作家も住んでいます。 環… このレビューの続きを見る

スロウハイツの神様(下) (講談社ノベルス)

最近辻村深月さんをちょっとずつ読んでいます 丁度いい長さとあらすじに惹かれてこれを選びました 1つのアパートに住む住民達の話、というには少し説明が足りない気もする クリエイティブな人たちの成功という… このレビューの続きを見る

好きです。 良いです。 なんか創作関係のある程度は才能とかセンスが必要な仕事の成功とかって難しいなあ。 好きキャラン(好きなキャラランキング) 1・チヨダ・コーキ 2・狩野 3・黒木さん 4・エンヤ 5・環ちゃん そういえば今思い出したけど、昨日のランチのイタリアンのウエイターさんが言った一言、 「おかわりパンです」にときめいた(科戸的ときめきはいろんな意味がある)。

久し振りに読後感のよい小説読みましたvv 自分の読書傾向があやうい方に傾倒してるせいもあるんですが、こういう読んだ後に心があったまる感じの話もたまにはいいものですね。 ところどころに散りばめられた、何で… このレビューの続きを見る

スロウハイツの神様

22:24:By 溺書録

 評判はいいみたいだけどいまいちピンと来ず。相性の問題かしらん。  登場人物が連載を持っている雑誌「週刊少年ブラン」がどんな雑誌なのか想像がつかない。「ファウスト」を週刊にした感じなのか? そんな雑誌売れないだろうに。

JUGEMテーマ:読書 「小説が人を殺した」悲劇を嘆き、公輝を糾弾する人々は、とても 軽い気持ちでそれを行う。誰一人として真剣じゃない。それは いじめであり、暴力だ。 きっと、真剣な人もいて、そして、… このレビューの続きを見る

内容紹介 悲劇(『チヨダ・コーキの小説のせいで人が死んだ』)から10年――。 神様とひとつ屋根の下、幸福な時間を過ごすはずが……。 新たなる青春群像の傑作が生まれた! ある快晴の日。人気作家チヨダ・コー… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/9/22〜2007/9/24 猟奇的なファンによる小説を模倣した大量殺人事件から10年。筆を折っていたチヨダ・コーキは見事復活し、売れっ子脚本家・赤羽環と、その友人たちとの幸せな共同生活をスター… このレビューの続きを見る

スロウハイツの神様(下)辻村 深月 by G-Tools 内容(「MARC」データベースより) 猟奇的なファンによる小説を模倣した大量殺人事件から10年。筆を折っていたチヨダ・コーキは見事復活し、売れっ子脚本家・赤羽環… このレビューの続きを見る

猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人。この事件を境に筆を折ったチヨダ・コーキだったが、ある新聞記事をきっかけに見事復活を遂げる。闇の底にいた彼を救ったもの、それは『コーキの天使』と名付けられ… このレビューの続きを見る

スロウハイツの神様(下)辻村 深月 講談社 2007-01-12売り上げランキング : 86857Amazonで詳しく見る by G-Tools ある快晴の日。 人気作家チヨダ・コーキの小説のせいで、人が死んだ。 猟奇的なファンによる、… このレビューの続きを見る

大人気小説家チヨダ・コーキ。彼の小説を読んだ少年が引き起こしたある事件によって、チヨダ・コーキは筆を折った。それから10年。「スロウハイツ」に集ったクリエイターたちの中には・・・。 すごく気になっ… このレビューの続きを見る

 評価は1200円。  小説家・脚本家・映画監督・漫画家など、クリエイターを目指す若者が住んでいるスロウハイツの日常とそこで起こる事件が描かれている。  話の軸になるのが、チヨダ・コーキという小説… このレビューの続きを見る

3.8

スロウハイツの神様(上)

02:27:By

初めて読んだ辻村作品。 最初上巻だけ買って家で読んだら嵌ってしまい、朝5時に近くのツタヤまで走った。 この作品に限らず、僕は青春群像劇を見たり読んだりすると、なんか『いいなぁ〜』っていう羨ましい気持… このレビューの続きを見る

関連する商品