>
[Amazon] 御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)
御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

御手洗潔の挨拶

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:29086位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061849433(講談社)
御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

御手洗シリーズの短編集 コレもかなり昔に読んだので、ウロ覚え(笑) でも二つの話は今でも覚えています 以下、続きにて

 本日、島田荘司氏の御手洗潔の挨拶を読了しました。  内容は短編集。殺されたと思われる者が何kmも先で発見され、通常の殺人事件を扱い、馬車道に引っ越す前の事件である数字錠、その者は殺されてから走った… このレビューの続きを見る

御手洗潔の挨拶

17:30:By kira* kira*

★★★★☆ JUGEMテーマ:読書

嵐の夜、マンションの11階から姿を消した男が、13分後、走る電車に飛びこんで死ぬ。しかし全力疾走しても辿りつけない距離で、その首には絞殺の痕もついていた。男は殺されるために謎の移動をしたのか?奇想天外と… このレビューの続きを見る

 評価は700円。  鯨統一郎を連想してしまうストーリー展開・キャラクタ・論理性のライトさ。さくさく読める。鯨統一郎作品よりはほんの少しだけ、へヴィだけれど。  御手洗潔はかなりキャラクタが立って… このレビューの続きを見る

 嵐の夜、マンションの十一階から姿を消した男が、十三分後、走る電車に飛びこんで死ぬ。しかし全力疾走しても辿りつけない距離で、その首には絞殺の痕もついていた。男は殺されるために謎の移動をしたのか?奇想天… このレビューの続きを見る

関連する商品