>
[Amazon] ふじこさん

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ふじこさん
ふじこさんで自分のブログにレビューを書く

ふじこさん

3.1 [3.1](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1421916位
  • ユーズド価格:¥ 304
  • ISBN/ASIN:4062139499(講談社)
ふじこさんのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.1 [3.1]

JUGEMテーマ:読書 離婚寸前の父と母にはさまれなにも楽しいことのない毎日を送るリサの前に現れたふじこさんは、乱暴できれいで、あっけらかんとしていて、これまでに見たことのない、へんな大人だった。幻のデ… このレビューの続きを見る

大島真寿美 さんの本。 どうやってこの本を知ったのかは忘れた。 思いの外するするっと読んでしまう。 読むのが止まらず、あともう少しだけ…あともう少し… と、結局最後まで読んでしまった。 こういう風に読むのは久しぶり。 また小説にチャレンジしてみよう。 JUGEMテーマ:小説全般

ふじこさん

22:49:By 溺書録

 サラッと読める短編集。表題作もよかったけど、不思議な味わいの「春の手品師」が好きかな。主人公の女の子と一緒にふわふわと連れてかれて、帰れなくなりそうな感じがいい。携帯電話をなくしたような、迷子の気分。  決してダメって訳じゃないけど、1回読めば充分な感じがする。何かのタイミングに1回だけ会う。それが最良で、それで充分。そんな感じ。

JUGEMテーマ:読書

2007/9/7〜2007/9/9 離婚寸前の父と母にはさまれ、何も楽しいことのない毎日を送るリサの前に現れたふじこさんは、乱暴できれいで、あっけらかんとしていて、今まで見たことのない、へんな大人だった…。幻のデビュー作を含む、著者会心の短編集。

離婚寸前の父と母にはさまれなにも楽しいことのない毎日を送るリサの前に現れたふじこさんは、乱暴できれいで、あっけらかんとしていて、これまでに見たことのない、へんな大人だった。幻のデビュー作「春の手品… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベストへのエントリです。 しんちゃんからのエントリです。 読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。

離婚寸前の父と母にはさまれなにも楽しいことのない毎日を送るリサの前に現れたふじこさんは、乱暴で綺麗で、あっけらかんとしていて、これまでに見たことのない、へんな大人だった。 幻のデビュー作「春の手品師」を含む、著者会心の短編集。

引き続き、大島真寿美さんの本。 短編集です。 「ふじこさん」は 主人公の女の子、リサちゃんの気持ちがすごくよくわかる話でした。 私もリサちゃんと同い年の頃、彼女と同じこと思っただろうなあと思… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

JUGEM編集部おすすめ商品