>
[Amazon] ハゲタカ(下) (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ハゲタカ(下) (講談社文庫)
ハゲタカ(下) (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ハゲタカ(下)

おすすめ!4.2 [4.2](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:394303位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062753537(講談社)
ハゲタカ(下) (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 4.2 [4.2]

ドラマの再放送を見て、面白そうだったので原作を買いました。 企業小説です。 日本の銀行と、融資先の企業と、外資のファンドの話です。 この小説でファンドというものの仕組みを初めて知ったくらいのビジネス音… このレビューの続きを見る

 初めてだと思う。ビジネス系の小説。挑戦してみたのだ。上巻、波に乗るまでは、漢字が多くて心が折れそうだった。経済用語なんだかファンド用語なんだかってのがバンバン出てきて。でも上巻が終わる頃からス… このレビューの続きを見る

4.2

ハゲタカ(下)

14:55:By MANAGER BLOG

企業再生が軌道に乗りはじめた頃、鷲津政彦は元銀行員・芝野健 夫、老舗ホテルオーナーの娘・松平貴子と偶然出会う。二人と接 触を重ねるたびに、鷲津の過去が明らかになっていく。そこに潜 むある事件とは?そして… このレビューの続きを見る

 といってもNHKの土曜ドラマの方。 映画はまだなのよね。。。 うちの会社のビルのエレベーターにはモニターが着いていて、出資している映画の番宣がながれることもある。 ハゲタカもその一つで、毎日何回もつ… このレビューの続きを見る

下は主人公、鷲津が今までやってきた事の 真の目的が明らかになる編です。 上は主に不良債権の叩き買いがメインでしたが、 下では企業再生の話がメインとなってます。 銀行、お菓子メーカーの企業再生、 どれもこ… このレビューの続きを見る

 職場の人から本を借りました。 ちょっと難しい内容ではないかと思いながらも、読み進むにつれて、はまっていく。 金融のこと全然わからない人間でも、読める話だからすごい。 電車の中で読むと、乗り過ごすこと間違いなし! ハゲタカと打ったつもりが、禿げ方になっていた。違う意味でヤバイ。

 ハゲタカ(上) (講談社文庫) By 真山 仁  ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、バブル崩壊後、不景気に苦しむ日本に戻り、瀕死状態の企業を次々と買収する。敵対するファンドによる妨害や、買… このレビューの続きを見る

下巻も長かった。毎日読んでいたら頭に話の様子が浸みこんでしまい、 ついには夢に「足助(あしけ)銀行・・・むにゃむにゃ」と出てきてしまうくらい。 経済の話、金融の話、読んでいて関係がこんがらがって 訳わか… このレビューの続きを見る

4.2

ハゲタカ(下)

16:09:By Strange Design

JUGEMテーマ:読書 上巻の続き。下巻は太陽製菓の腐りきった経営陣と鷲津とのやり取り、スポンサー選定のビッド合戦あたりが見どころか。ミカドホテルの一件は上巻の冒頭から引っ張ったわりには、あっけなく片がついた印象だが、メインバンクのモデルとなった足利銀行の破綻の様子は、当時こんなものだったのだろうか、などと想像しながら読むのは面白い。

意外に終わりはあっさり。 続編を読むしかないわ。

4.2

ハゲタカ

21:05:By くねくね式

この本はスッゴイ。 久々にずっとゾクゾクしながら読みました。 鷲津がカッコよすぎる!!! ハゲタカファンドの辣腕ファンドマネージャー鷲津による不良債権処理や企業買収劇なお話。 話そのものにはつ… このレビューの続きを見る

4.2

ハゲタカ(下)

13:44:By ★chocolate

「正義のために死ねるか」 この言葉の持つ力に吸い込まれて 私もそういう人間でありたいと 素直に思うのでした。 続編の「バイアウト」も読まなきゃ!

4.2

ハゲタカ(下)

03:15:By 危機一髪

March 22, '07

ちょっとおかしいなって、思ってたら、なぜか、新しいTBが、ついてた。 私の所、拒否してるのに。。。 よく見たら、古い記事についてるの。 ま、それは、削除したけど。 で、由香キャスターが、三島製作所のお金を、持ってきてくれたところから、 涙が、止まらなくなりました。 スケートでも、泣いたし。 最終回も、よかったです。

突然何ですが、最近勉強をしておまへん。 日中、ぼぉーとして、会社辞めてからのこの一年間を振り返り、反省し、自己嫌悪に陥り、で、どうすんねや?と自問自答し、ぼぉーとして、溜息ついて、本を読んで。 そん… このレビューの続きを見る