>
[Amazon] そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノー...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノート> (講談社文庫)
そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノート> (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノート>

3.2 [3.2](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:377549位
  • Amazon価格:¥ 576
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062754339(講談社)
そして五人がいなくなる<名探偵夢水清志郎事件ノート> (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.2 [3.2]

名探偵・夢水清志郎登場! 『そして五人がいなくなる』 はやみねかおる 学校の先輩からお勧めされて、 初めて読んでみました^^ 有名だけど、読んだことのない児童文学って 結構多いんだな…って最近思い… このレビューの続きを見る

こっちはとても児童文学(文学?)ぽいなぁ。 まぁそれなりに楽しめたとは思うけど。

 隣の家に出された表札には<名探偵 夢水清志郎>と書かれていた。名探偵を自称する男と三つ子の姉妹が出会うのは巨大遊園地での少女消失事件。しかも、伯爵と名乗る犯人は五人の消失を予告してみせたのだ。「謎… このレビューの続きを見る

近所に越してきた名探偵・夢水清志郎。教授と呼ばれる名探偵の事件簿です。対するのは遊園地を舞台に子供たちを次々と消してしまう伯爵。名探偵vs怪盗(とはちょっと違いますが・・)のような構図も魅力的。ワトソン… このレビューの続きを見る

ようやく児童書買ったよ(講談社文庫版だけど)!!結局「あさのあつこか森絵都」ははやみねかおるになり、同時に「村上春樹」は東野圭吾になった。 このシリーズはうちの店でも物凄い売れます。出しても出して… このレビューの続きを見る

関連する商品